スポンサードリンク
豆乳おからクッキーダイエットに最近興味がある主婦dellyがお伝えする、おしえて!うれしぴ レシピで簡単料理!へようこそ♪

おしえて!うれしぴ レシピ 「ウナギのとろ2スタミナ炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月30日の
「ウナギのとろ2スタミナ炒め」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、新潟県の女性の方からの質問でした。
質問は、”夏バテが解消するような簡単でスタミナがつく料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ウナギのとろ2スタミナ炒め」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはウナギの蒲焼きでアレンジメニュー、とろとろっとした食材を組み合わせてスタミナたっぷりのレシピを教えてくれました。
市販のウナギの蒲焼きを美味しくする裏技、色々あるとろとろスタミナ食材をたっぷり使ったレシピ。
今日は土用丑の日、夏バテを防ぐのにもウナギは欠かせませんね!
市販のウナギ蒲焼きに長芋やオクラなどスタミナがつきそうな食材がたっぷり♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の加藤先生、うれしぴ!連発したよ!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「胡豆昆」店主の加藤敏彦先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.長芋は皮をむいて酢水につけてぬめりをとり水気を拭いて4cm長の拍子木切りにする。
2.市販のウナギの蒲焼きを1cm幅に切って、耐熱容器に並べ入れてラップをして電子レンジ500Wで約2分加熱する。
3.フライパンにごま油を入れて熱して、オクラを入れて強めの中火で炒める。
4.エノキダケと長芋、ウナギを入れて炒め合わせる。
5.さらにバターを加えて炒めて、しょうゆ、酒、みりんを加えてさっと炒めあわせ、お皿に盛って粉山椒をふって完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月30日の
「ウナギのとろ2スタミナ炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 「和風海鮮ユッケ丼&昆布茶でおすまし」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月27日の
「和風海鮮ユッケ丼&昆布茶でおすまし」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、ビデオネーム りるりるさんからの質問でした。
質問は、”子供も喜ぶお刺身を使ったアレンジ料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「和風海鮮ユッケ丼&昆布茶でおすまし」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはしょうゆ以外の味付けでお刺身を丼に、あるものを加えて脂の少ない魚を美味しさをアップするレシピを教えてくれました。
ごま油を入れて刺身のコクがアップする海鮮丼、旨味たっぷりの簡単おすましのレシピ。
刺身用のお魚で作る簡単な海鮮丼で、脂の少ないお魚もごま油を入れてコクをアップさせています。
ユズコショウは生臭さを消すだけでなく、風味も加えます♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の笠原先生、いつものあのポーズでませんでしたね。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「賛否両輪」店主の笠原将弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


【和風海鮮ユッケ丼】
1.刺身用のサーモン、マグロ、アジを、まな板に置いて刻んで、上にみそ、すり下ろしショウガ、みじん切り長ネギ・ミョウガ・青ジソ、みりん・ごま油・ゆずコショウをのせて細かく叩きながら全体を混ぜる。
2.どんぶりにご飯を盛って、焼き海苔をちぎって敷いて上の海鮮具をのせ、ウズラの卵を割ってのせて小口切り万能ネギと炒り白ゴマをふって完成♪


【昆布茶でおすまし】
1.鍋にお湯を沸かして昆布茶、種をとった梅干し、薄口しょうゆ、酒を順番に入れて一煮立ちさせる。
2.器におすましを入れて小口切り万能ネギを散らして完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月27日の
「和風海鮮ユッケ丼&昆布茶でおすまし」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ピリ辛チンジャオロース」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月26日の
「ピリ辛チンジャオロース」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、大分県ペンネーム はるだいすきさんからの質問でした。
質問は、”ピーマンを使った料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ピリ辛チンジャオロース」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは夏にピッタリのピリ辛味、具材の炒め方が美味しさのカギのチンジャオロースのレシピを教えてくれました。
炒める前に驚きの一工夫と、肉を柔らかく仕上げる方法などがポイントのピリ辛チンジャオロースのレシピ。
チンジャオロースといえば牛肉とピーマンですが、タケノコとモヤシも入って食感いいですね!
牛肉の炒めすぎを防ぐために一旦取り出してから戻すという技を駆使します♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の中川先生、井森さんの料理を心配そうに見ていました〜。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「天外天」総料理長の中川優先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.緑ピーマン・赤ピーマンのへたと種を取り、細切りにする。
2.ボウルに牛カルビ肉を細切りにして入れて、塩・黒コショウで下味をつけて、溶き卵を入れて手で混ぜ合わせ、さらに片栗粉、サラダ油も加えて混ぜ合わせる。
3.合わせ調味料を作る。
別のボウルにオイスターソース、鶏ガラスープ、酢・酒、しょうゆ、砂糖、水溶き片栗粉を入れて混ぜ合わせる。
4.フライパンにサラダ油を入れて熱し、牛肉を入れて2分程炒めて、一旦取り出す。
5.サラダ油を足して、再びフライパンを加熱して、豆板醤を加え炒めて、長ネギも加えて炒める。
6.さらに細切り水煮タケノコ、ピーマンを加えて炒めて、モヤシも加えて炒める。
7.ここで牛肉を戻し入れ、合わせ調味料を加えて絡め合わせて、お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月26日の
「ピリ辛チンジャオロース」

おしえて!うれしぴ レシピ 「甘辛香味ダレでジューシーゆで豚」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月25日の
「甘辛香味ダレでジューシーゆで豚」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???さんからの質問でした。
質問は、”???を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「甘辛香味ダレでジューシーゆで豚」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは柔らかジューシーな茹で方、相性抜群の簡単甘辛ダレでいただく茹で豚のレシピを教えてくれました。
ペーパータオルが大活躍し、豚肉を柔らかにする切り方、ジューシーに仕上げるのがポイントのゆで豚のレシピ。
水から茹でて、ペータータオルの落とし蓋で豚肉の表面が乾くのを防ぐのだそうです。
大体茹で上がったらゆっくりと鍋の中で温度をさげ、さらに繊維に沿って切ることで最高にジューシーに♪
今日の「おしえて!うれしぴ」のコウケンテツ先生、多分2回目の登場ですが、かっこよくないですか〜?


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「料理研究家」のコウケンテツ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.常温に戻しておいた豚バラかたまり肉を半分に切る。
2.鍋にたっぷりの水、塩、酒、ニンニク、長ネギの青い部分、ショウガの皮と豚肉を入れて火にかけて3分程茹で、煮立ってきたらアクを取り、ペーパータオルで落とし蓋をして、弱めの中火でさらに30〜40分程度煮る。
3.火を止めてそのまま10分程度冷めるまでおいておく。
4.豚肉を鍋から取り出して、まず半分に切り、繊維に沿って食べやすい大きさに切る。
5.ボウルにコチュジャン、酢、砂糖、すりおろしショウガを入れて混ぜ合わせる。
6.さらに千切りミョウガ、白髪ネギ、千切りキュウリを入れて手でざっくりと混ぜて、全体に味を馴染ませる。
7.お皿にサニーレタス・青ジソと豚肉と野菜類を盛って完成♪
サニーレタスに青ジソをのせて豚肉をおいて甘辛香味ダレをからめた野菜をのせて包んでいただく。


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月25日の
「甘辛香味ダレでジューシーゆで豚」

おしえて!うれしぴ レシピ 「みそ焼きうどん」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月24日の
「みそ焼きうどん」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、東京都のペンネーム まりりんさんからの質問でした。
質問は、”子供を驚かせるようなちょっと変わったうどんを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「みそ焼きうどん」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはみそ味でいつもとは違う焼きうどん、みその風味を活かすのがポイントのちょっと変わったうどんのレシピを教えてくれました。
うどんをほぐれやすくするポイント、みその風味を活かす炒め方がポイントのちょっと変わったうどんのレシピ。
うどんをほぐす為に入れたお酒は、豚肉の臭みも消すという一石二鳥の調味料です。
みそを加えたらだらだら炒めないで手早く炒めてみその風味を活かしましょう♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の笹岡先生、郁恵さんと井森さんのおしゃべり中にちょっと割って入ってましたね!(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「笹岡」主人の笹岡隆次先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.オクラを1cm弱の小口切りにして耐熱容器に入れて、水、塩を入れてラップして電子レンジ500W1分程度加熱する。
2.合わせみそを作る。
ボウルにみそを入れて、だし汁を少しずつ加え混ぜて、みりん、砂糖、しょうゆを加えて混ぜ合わせる。
3.フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚こま切れ肉を入れて1分程炒めて、塩をふり、薄切り玉ねぎを加えさっと炒めて、油がなじんだら塩をふる。
4.ゆでうどんを入れて、酒を加えてほぐすように1,2分炒め、細切りキャベツも加えてさっと炒めて、合わせみそを加えて手早く1,2分程度炒める。
5.さらにオクラを入れてさっと炒める。
6.お皿にうどんを盛りつけ、紅生姜をのせて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月24日の
「みそ焼きうどん」

おしえて!うれしぴ レシピ 「サーモンとホタテの冷製パスタ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月23日の
「サーモンとホタテの冷製パスタ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、神奈川県の20歳女性の方からの質問でした。
質問は、”カッペリーニの美味しい味付けを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「サーモンとホタテの冷製パスタ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは暑い夏にはピッタリの、冷製にするときの茹で方がポイントのお洒落な冷製パスタのレシピを教えてくれました。
パスタの茹で方に最大のポイントが!そして茹で上がった後にもポイントが待ってます!夏にぴったりおっしゃれな冷製パスタのレシピ。
具にはシンプルなホタテとサーモンを使ってます。
細いカッペリーニを茹でるときのポイントは塩加減と茹で時間♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の川越先生、紳士的でカッコイイです。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「タツヤ・カワゴエ」オーナーシェフの川越達也先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ホタテ貝柱を5mm角に切り、スモークサーモンを1cm幅くらいに切る。
2.フライパンにオリーブオイル、みじん切りニンニクを入れて少し炒めて、赤唐辛子を加えて香りがでるまで炒めて火を止めて、水を入れてさっと混ぜる。
3.ボウルへ移して、ボウルごと氷水に入れて冷やす。
4.切ったスモークサーモンとホタテを入れて混ぜて、塩・黒コショウを加えて味を整えて、めんつゆを入れて混ぜ合わせる。
5.多めの塩を加えたたっぷりのお湯を沸かして、スパゲティを入れて芯がなくなるまで2分30秒ほど茹でる。
6.スパゲティをザルに上げて、氷水を当てながら流水にさらし、水気をふきん等でしっかり拭き取る。
7.タレにスパゲティを入れてレモンの絞り汁、オリーブオイルを加えて絡め合わせる。
8.お皿に盛りつけ、みじん切りパセリ、バジルの葉をちぎって散らして、オリーブオイルをかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月23日の
「サーモンとホタテの冷製パスタ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「和風タル2ソースのアジフライ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月20日の
「和風タル2ソースのアジフライ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、東京都の47歳主婦の方からの質問でした。
質問は、”旬のお魚を使って子供が大好きなメニューを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「和風タル2ソースのアジフライ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは衣をカリカリに仕上げるマル秘テクニック、そしてアノ和の食材で作った簡単タルタルソースがバッチリあうアジフライのレシピを教えてくれました。
失敗しない揚げ方のポイント、そしてアノ食材でお手軽和風タルタルソース、ちょっと変わったアジフライのレシピ。
アジフライの衣に柿の種を使っちゃうとは...素敵です!
そして、アジフライには欠かせないタルタルソースには、海苔の佃煮とキュウリのしょうゆ漬けが入ってます♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の笠原先生のぶった切りポーズ、切れがいいです!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「賛否両論」店主の笠原将弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.市販品の柿の種をミキサーで粉状にすりつぶす。
2.アジを3枚におろして、薄力粉、卵白を溶いたもの、柿の種の順に衣をつける。
3.170℃に熱した揚げ油にアジを入れて、2,3分程度かけて揚げて油を切る。
4.ソースを作る。
ボウルに、マヨネーズ、卵黄、のりの佃煮、アサツキ、刻んだキュウリしょうゆ漬けを入れて混ぜ合わせる。
5.別のボウルに千切りキャベツ、千切りミョウガ、千切り青ジソを入れてざっと混ぜる。
6.お皿に野菜類とアジを盛って、ソースをかけて、半分に切ったスダチを添えて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月20日の
「和風タル2ソースのアジフライ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「肉みそ中華ダレでボリューム冷ややっこ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月19日の
「肉みそ中華ダレでボリューム冷ややっこ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、北海道ペンネームあやさんからの質問でした。
質問は、”ちょっと変わった冷ややっこ料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「肉みそ中華ダレでボリューム冷ややっこ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは夏には欠かせない、いつもとちょっと違った簡単だけどひねりの効いた、美味しい冷や奴のレシピを教えてくれました。
美味しい肉みそのポイント、ボリューム&美味しさアップのコツ、ちょっと変わった冷や奴レシピ。
冷や奴といえば、ショウガとかネギとかの薬味にしょうゆというのが定番ですよね?
今日のうれしぴでは、そんな常識を覆す肉みそ中華ダレをたっぷりかけていただくととっても美味しそう♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の井森さん、中川先生にかなしぴ&うれしぴ出されてましたね。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「天外天」総料理長の中川優先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.絹ごし豆腐を6等分に切る。
2.フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚ひき肉を入れて色が変わるまで2分ほど良く炒める。
3.甜面醤、しょうゆ、酒を加えて約1分程度炒めて、火を止め粗熱を取る。
4.塩を加えたお湯を沸かし、むきエビ、ホタテ貝柱を入れてさっと茹でて、取り出して水気を拭いて、ボウルに入れ温かいうちに塩、ごま油を絡めて味を整える。
5.中華ダレを作る。
ボウルに、市販品ザーサイ、酢、しょうゆ、みじん切りショウガ、顆粒鶏ガラスープ、ごま油、万能ネギと、先に作った肉みそを入れて混ぜ合わせる。
6.お皿に絹ごし豆腐、トマトとエビ・ホタテを盛って、中華ダレをかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月19日の
「肉みそ中華ダレでボリューム冷ややっこ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「2つのタレで和風生春巻き」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月18日の
「2つのタレで和風生春巻き」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???の方からの質問でした。
質問は、”???を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「2つのタレで和風生春巻き」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは簡単に出来て絶対に失敗しない、2つの絶品タレでいただく和風生春巻きのレシピを教えてくれました。
失敗しない生春巻きの戻し方と巻き方、2種類の絶品タレでいただく美味しいレシピ。
ライスペーパーの上手い戻し方は必見です。
梅ベースとマヨネーズベースの2種類のタレもとっても美味しそう♪
今日の「おしえて!うれしぴ」のコウケンテツ先生、うれしぴ!初登場です。とてもカッコイイ先生ですよ!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「料理研究家」のコウケンテツ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.刺身用に切ったマグロを幅を2等分に切ってボウルに入れて、しょうゆで下味をつける。
2.フライパンに水を入れて、ライスペーパーを1枚ずつさっとくぐらせて、水に濡らして固く絞ったふきんで30秒〜1分程度挟む。
3.ライスペーパーに青ジソ2枚ずつを裏側を上にして並べて、長芋、千切りミョウガ、万能ネギ、マグロをのせて包む。
4.別々のボウルにタレを2種類作る。
・梅干し、しょうゆ、砂糖、ショウガ、水を、
・すり白ゴマ、マヨネーズ、牛乳、一味唐辛子を、それぞれ混ぜ合わせる。
5.生春巻きを食べやすい大きさに切って盛り、2種類のタレを器に入れて添えたら完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月18日の
「2つのタレで和風生春巻き」

おしえて!うれしぴ レシピ 「アサリとキャベツの高野豆腐煮」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月17日の
「アサリとキャベツの高野豆腐煮」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、東京都の女性の方からの質問でした。
質問は、”高野豆腐が大好きです。薄味で美味しい作り方を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「アサリとキャベツの高野豆腐煮」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは薄味でもとっても美味しいアサリや野菜からの旨味がたっぷりのレシピを教えてくれました。
旨味たっぷりの秘密、薄味だけど美味しい高野豆腐のレシピ。
保存食の高野豆腐とアサリ&キャベツを使った旨味たっぷりの煮物です。
サイコロ状の戻さないで使える高野豆腐が売っていますので、簡単料理にはぴったりですね♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の笹岡先生、盛りつけの仕方について井森さんに注文していましたが、井森さんもなかなか上手ですよ!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「笹岡」主人の笹岡隆次先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.フライパンにだし汁、砂糖、しょうゆを入れて混ぜ合わせ、戻さずに使えるタイプの高野豆腐、エノキダケを加えて、蓋をして弱火で約4分程度煮る。
2.次にざく切りキャベツを加えたら、また蓋をしてさらに約2分程煮る。
3.砂抜きした殻つきアサリとワケギを入れて、蓋をして中火の強めでアサリの殻が開くまで約2分程度煮る。
4.味見をして、塩気が足りないようなら塩を入れて調節し、お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月17日の
「アサリとキャベツの高野豆腐煮」

おしえて!うれしぴ レシピ 「豚肉と厚揚げのスタミナ炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月13日の
「豚肉と厚揚げのスタミナ炒め」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、千葉県ペンネーム クリップさんからの質問でした。
質問は、”料理初心者の夫でも作れる料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「豚肉と厚揚げのスタミナ炒め」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは包丁を使わないのが美味しさの秘密で、料理初心者の旦那様でも簡単に出来そうなレシピを教えてくれました。
失敗しない炒め物のコツ、手軽だからこそ美味しい秘密の簡単レシピ。
包丁いらずで、普段料理をしない旦那様でも失敗知らずの炒め物です。
合わせ調味料もあらかじめ作っておくと手早くできますね♪
今日の「おしえて!うれしぴ」のケンタロウ先生、郁恵さんのうれしぴ!フライングにちょっとがっかりしてました!(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
料理家のケンタロウ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.合わせ調味料を作る。
ボウルにオイスターソース、しょうゆ、酒、片栗粉、水を入れて小さい泡立て器で良く混ぜ合わせる。
2.ニンニクをへらでつぶして芯があったら取る。
3.フライパンにごま油を入れて熱して、ニンニクを加えて1分程度炒めて、香りが出てきたら豚こま切れ肉を入れて2分程度炒める。
4.厚揚げを手で一口大にちぎりながらフライパンへ入れて炒めて、手でちぎったキャベツを加えて1,2分炒め合わせる。
5.先に作っておいた合わせ調味料を加えてさっと炒めて、お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月13日の
「豚肉と厚揚げのスタミナ炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 「夏野菜の揚げびたし」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月12日の
「夏野菜の揚げびたし」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???さんからの質問でした。
質問は、”野菜をたくさん取れる料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「夏野菜の揚げびたし」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは暑い夏の食欲のない時でもOKな、これしかない!といわんばかりの夏野菜たっぷりのレシピを教えてくれました。
揚げ物なのにさっぱりのコツ、ヘルシーなのに大満足な夏らしい涼しげなレシピ。
ナスやかぼちゃなど夏野菜を揚げてから漬け汁に浸して冷やしていただきます。
大根おろしで、さっぱりと涼しげに仕上がるので、食欲をそそりますね♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の村田先生の教えてくれる調味料の割合は覚えておくと重宝ですね♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「菊乃井」主人の村田吉弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ナスを縦半分に切って、皮目に斜めに切り目を入れる。
2.バットにだし汁、砂糖、しょうゆを入れて混ぜ合わせる。
砂糖をつかった合わせ地は、だし汁:しょうゆ:砂糖=5:1:0.5
3.鍋に揚げ油を入れて170℃にして、薄切りレンコン、薄いくし形切りかぼちゃを約2分素揚げして、取り出して油を切り、漬け汁に入れる。
4.インゲン、シシトウも揚げ油に加えてさっと素揚げし、取り出して油を切り、漬け汁に入れる。
5.さらにナスを皮面から揚げ油へ入れて、途中で裏返して2〜3分程度素揚げして、取り出して油を切る。
6.油を切ったナスも漬け汁へ加えて、大根おろしを全体に蓋をするようにのせて七味唐辛子をふる。
7.バットごと冷蔵庫へ入れて、20〜30分程冷やしてから取り出してお皿に盛り、だし汁をたっぷりかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月12日の
「夏野菜の揚げびたし」

おしえて!うれしぴ レシピ 「モヤシとジャコのチヂミ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月11日の
「モヤシとジャコのチヂミ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、愛知県のペンネーム シルバーピアスさんからの質問でした。
質問は、”モヤシをたっぷりと使えるメニューを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「モヤシとジャコのチヂミ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはモヤシをたっぷりと使えるメニューということで、モヤシとジャコを使ったカリッと焼くのがコツのチヂミのレシピを教えてくれました。
チヂミをカリッと仕上げるコツ、簡単チヂミだれの基本と応用も学べる美味しいレシピ。
チヂミは日本でもおなじみになってきた韓国料理の人気メニューのチヂミを外はカリッと、中はモチッとした食感に仕上げます。
モヤシを焼き付けるように炒めて水分を良く飛ばすのがポイントですね♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の井森さん、ちょっと裏返すの失敗しちゃいましたけど、ドンマイ!デス♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「胡豆昆」店主の加藤敏彦先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.フライパンにごま油を入れて熱し、モヤシとちりめんじゃこを入れて焼き付けるように押さえながら3分程度炒める。
2.ボウルに卵を割り入れて、よく混ぜて、しょうゆ・顆粒鶏ガラスープ、水、薄力粉を加えて混ぜ合わせ、様子を見ながら水を少々足して混ぜる。
3.さらに炒めたモヤシとちりめんじゃこと、万能ネギを加えて混ぜる。
4.再度フライパンに多めのごま油を入れて熱し、混ぜたタネを入れて薄く丸く広げて、片面に焦げ目がつくくらいになるまで3,4分焼き、ひっくり返して両面を焼く。
5.別のボウルにしょうゆ、酢、すり白ゴマ、豆板醤、ニンニクを入れて混ぜ合わせる。
6.焼き上がったチヂミを食べやすい大きさに切ってお皿に盛って、上の特製ダレを添えて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月11日の
「モヤシとジャコのチヂミ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「鶏ムネ肉のピリ辛バンバンジー」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月10日の
「鶏ムネ肉のピリ辛バンバンジー」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???の方からの質問でした。
質問は、”安い鶏胸肉を使った簡単で美味しい料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「鶏ムネ肉のピリ辛バンバンジー」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはパサパサにならない鶏胸肉の調理法、鶏肉を茹でた後に裂く手間一切なし!バンバンジーのレシピを教えてくれました。
パサパサにならない最大のポイント=片栗粉でのコーティング、パサパサにならない茹で方、混ぜるだけのソースも絶品のレシピ。
あらかじめ細切りにしておいた鶏胸肉に片栗粉をまぶして茹でるとツルッとよい食感に仕上がります。
特製タレは豆腐やサラダとの相性もバッチリ♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の栖原先生、だんだん慣れてきた感がありますね。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「龍圓」オーナーシェフの栖原一之先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.鶏胸肉の繊維に沿ってそぎ切りにして、さらに細切りにして塩をふって下味をつける。
2.鶏肉に片栗粉をひとつひとつ丁寧に全体にまぶす。
3.鍋にお湯を沸かして鶏肉を入れて、1,2分程度茹でて、取り出して氷水にさらして水気を良く切る。
4.タレを作る。
ボウルに練り白ゴマ大さじ、砂糖、みじん切りニンニク、豆板醤を入れてよく混ぜて、さらに酢、しょうゆを加えて混ぜ合わせる。
5.お皿にグリーンカールを敷いて、千切りキュウリと鶏肉を盛り、上からタレをかけて、角切りトマト、小口切り万能ネギを散らして完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月10日の
「鶏ムネ肉のピリ辛バンバンジー」

おしえて!うれしぴ レシピ 「トマトソースのイタリアンオムレツ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月9日の
「トマトソースのイタリアンオムレツ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、東京都の32歳主婦の方からの質問でした。
質問は、”ひき肉を使ったもの以外のちょっと変わったオムレツを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「トマトソースのイタリアンオムレツ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは野菜たっぷりでボリューム満点で、混ぜるだけの簡単かつ絶品ソースでいただくオムレツのレシピを教えてくれました。
フワフワオムレツのポイント、簡単にできちゃう混ぜるだけのソースも絶品のレシピ。
卵液の中には生クリームが入ってフワフワに仕上がります。
混ぜるだけのフレッシュトマトソースで本格的イタリアンの味になるそうです♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の片岡先生、適当なようですが実は・・・???(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「アルポルト」オーナーシェフの片岡護先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.フライパンにオリーブオイルとみじん切りニンニクを入れて、香りが出るまで焦がさないように炒める。
2.1cm角に切った赤パプリカ・玉ねぎ・ズッキーニを加えて、塩・黒コショウをして、甘みが出るまで弱火で10分程度良く炒める。
3.塩ゆでしてたブロッコリーを加えて、塩・黒コショウをして1分程炒め、火を止める。
4.ボウルに卵を割り入れて、スライスハム、パルメザンチーズ、生クリーム、塩・黒コショウを入れて混ぜ合わせる。
5.そこへ、炒めた野菜類を加えて、全体を混ぜる。
6.フライパンを拭いて、再度オリーブオイルを入れて熱し、上の卵液を流し入れてざっと混ぜて、蓋をして中火で約4分程度焼く。
5.蓋や平らなお皿などでひっくり返し、スライドさせ、フライパンに戻し入れて2,3分程度焼く。
6.ソースを作る。
別のボウルに1cmの角切りにしたフルーツトマト、オリーブオイル、バジルの葉、ニンニク、塩・黒コショウ・レモンの絞り汁を入れて混ぜ合わせる。
7.焼けたオムレツを取り出し、食べやすい大きさに切り分けてお皿に盛り、ソースをかけて、仕上げにバジルの葉を飾って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月9日の
「トマトソースのイタリアンオムレツ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「いきなり2日目のビーフカレー」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月6日の
「いきなり2日目のビーフカレー」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???さんからの質問でした。
質問は、”???を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「いきなり2日目のビーフカレー」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは作りたてより2日目の方が美味しいカレーの法則?を一歩進めて、赤みそでいきなり2日目のカレーに、そしてケンタロウ先生が一昨年くらいに発見したというニラを最後に入れる、あっと驚くレシピを教えてくれました。
作りたてより2日目の方が美味しいという原則?に基づき、いきなり2日目の味を出しちゃって、そしてあの野菜を入れることで食感もアップするレシピ。
赤みそを入れてコクを出すのが、いきなり2日目の秘密ですね!
仕上げ前に入れるニラが、また食感よくいい味出します♪
今日の「おしえて!うれしぴ」のケンタロウ先生、毎度ひねりが効いてます!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
料理家のケンタロウ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.牛切り落とし肉を長ければ食べやすい大きさに切る。
2.鍋にサラダ油を入れて熱し、薄切り玉ねぎを入れて良く炒めたら、牛肉をいれて炒める。
3.そこへしめじを入れて炒めて、赤パプリカを入れて更に炒めて、水を加えて蓋をしないで20分程度煮る。
4.火を止めて、中辛カレールーを入れて溶かして再度火をつけて赤みそを溶かしながら入れて1,2分煮る。
5.さらにニラを入れて、一煮立ちさせる。
6.お皿にご飯を盛って、カレーをかけて完成♪

↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月6日の
「いきなり2日目のビーフカレー」

おしえて!うれしぴ レシピ 「和風とろろビビンバ&梅昆布おすまし」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月5日の
「和風とろろビビンバ&梅昆布おすまし」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???さんからの質問でした。
質問は、”とろろ昆布を使ったメニューを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「和風とろろビビンバ&梅昆布おすまし」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはとろろがたっぷりでヘルシーなスタミナ丼と、さらにとろろ昆布で超簡単おすましのレシピを教えてくれました。
とろとろ食材のオンパレードでヘルシー!&旨味たっぷり超簡単おすましのレシピ。
しば漬けが入ったご飯の上にたっぷりとろろ昆布、とろろ、オクラと、とろとろ三昧!
温泉卵を崩してぐちゃぐちゃにして混ぜ混ぜしていっただきま〜す♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の井森さんと郁恵さんの衣装、色違いで合わせてあって可愛いです!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「菊乃井」主人の村田吉弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


【和風とろろビビンバ】
1.鍋に塩を加えてお湯を沸かし、オクラを入れて1,2分茹でて水気を除き、小口切りにして包丁で叩いて塩を混ぜる。
2.長芋の皮をむき、酢水にさらして水気を拭いてすりおろして、塩を混ぜる。
3.しば漬けご飯を作る。ボウルにご飯、炒り白ゴマ、みじん切りにしたしば漬け、しょうゆを入れて混ぜ合わせる。
4.器に、しば漬けご飯を盛り、とろろ昆布を敷いて、すり下ろした長芋をかけ、その上にオクラ、ミョウガ、青ジソをのせて、温泉卵をのせたて完成♪


【梅昆布おすまし】
1.器に、とろろ昆布、種を除いた梅干し、しょうゆを入れて、お湯を注ぎ入れて、小口切り万能ネギを散らして完成♪

↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月5日の
「和風とろろビビンバ&梅昆布おすまし」

おしえて!うれしぴ レシピ 「香るササミの焼きタタキ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月4日の
「香るササミの焼きタタキ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、熊本県のペンネーム倫子さんからの質問でした。
質問は、”ささみの筋を綺麗に上手に取る方法を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「香るササミの焼きタタキ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは身を崩さずササミの筋を取る方法、ヘルシーだけど大満足の料理レシピを教えてくれました。
ササミの筋をうまく取る方法は必見で、ササミの美味しい食べ方、新鮮なササミで美味しいレシピ。
ご飯だけでなく、パパさんのお酒のお供に、そして暑さで食欲がない方にもいいですね。
昆布茶でうま味をプラスするのも密かにポイントですね!
今日の「おしえて!うれしぴ」の加藤先生と井森さんのやりとりに焦りまくる郁恵さんが面白!(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「胡豆昆」店主の加藤敏彦先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.鮮度の良い鶏ササミの筋に沿って切り目を入れてまな板に置いて包丁で筋を出してそぎ取るようにして筋を取り除き、厚みを均等に開く。
2.フライパンにサラダ油を入れて熱し、ササミを並べ入れて表面をさっと焼いて、氷水に取りさっとさらしてペーパータオルでみずけを良く拭く。
3.ササミが平らになるように包丁の背でたたいて、そこへ昆布茶をかけて、みじん切り長ネギ・ショウガをのせて、手でたたき、さらに包丁の背でたたき、食べやすい大きさに切ってお皿に盛る。
4.ボウルにレモンの絞り汁、しょうゆを入れて混ぜ合わせる。
5.ササミのタタキに上のたれをかけて、カイワレをのせて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月4日の
「香るササミの焼きタタキ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「たっぷり夏野菜の塩炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月3日の
「たっぷり夏野菜の塩炒め」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、埼玉県の27歳女性の方からの質問でした。
質問は、”家にある調味料で出来る簡単な中華の炒め物の料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「たっぷり夏野菜の塩炒め」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは家にありそうな調味料だけで作る本格中華、塩味が夏にぴったりのレシピを教えてくれました。
油を吸いすぎないナスの炒め方、塩炒めの味付けのポイン等と、夏にぴったりの美味しいレシピ。
野菜はサラダ油を加えて茹でることでコーティングされてうま味を閉じこめて逃がしません。
野菜からの水分がでるので、味は濃いめの塩味を作ってから一気に仕上げることがポイントですね!
今日の「おしえて!うれしぴ」の井森さん、フライパンさばきが上手になってきましたね!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「龍圓」オーナーシェフの栖原一之先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.鍋にお湯を沸かして、塩・サラダ油を入れて、乱切りにしたグリーンアスパラ、トウモロコシの粒のみを入れて茹でる。
2.トウモロコシの固さを確認してOKなら、赤パプリカ、キュウリも加えてさっと茹で、同時にザルへ上げる。
3.フライパンにサラダ油を入れて熱し、乱切りにしたナスを入れてさっと炒めて取り出す。
4.火を止めて、余分な油を除き、サラダ油を足してみじん切り長ネギ・ショウガ・ニンニクを入れて、香りが出るまで炒める。
5.また火を止めて、酒、顆粒鶏ガラスープ、塩、白コショウを入れて味を整えて、再度火にかけ、茹でた野菜類とナスを入れて炒めあわせて、水溶き片栗粉でとろみをつける。
6.さらにごま油を回し入れて、さっと炒め合わせてお皿に盛り完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月3日の
「たっぷり夏野菜の塩炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ミートソースの麻婆豆腐丼」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月2日の
「ミートソースの麻婆豆腐丼」



↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング




今日のおしえて!うれしぴは、神奈川県の25歳主婦の方からの質問でした。
質問は、”ミートソースを使ったスパゲティやグラタン以外の簡単な料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ミートソースの麻婆豆腐丼」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはミートソースだからこそ美味しくできる、市販のミートソースで作る簡単丼のレシピを教えてくれました。
中華とイタリアンのコラボ?で、市販品だからこそ美味しくなるレシピ。
辛さは赤唐辛子と豆板醤で調節してお好みの辛さに。
豆腐を使う直前に熱湯でさっとゆでることが今日のポイントですね!
今日の「おしえて!うれしぴ」の片岡先生、ユンソナちゃんにスキと言われちょいテレ気味!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「アルポルト」オーナーシェフの片岡護先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.フライパンにオリーブオイルとショウガ、ニンニク、赤唐辛子を入れて火にかけ、香りが出るまで炒めて豆板醤を加えてさっと炒める。
2.シメジ、ピーマンを入れて、塩・黒コショウをふって、お湯を加え2分程炒める。
3.さらに長ネギを加えてさっと炒めて、赤ワイン、しょうゆを加え、様子を見ながらお湯を足す。
4.そこへ市販のミートソースを加えて2分程煮る。
5.絹ごし豆腐を1cm角にして、塩を加えたお湯を沸かしてさっと湯通ししてからフライパンへ加えて1,2分煮て、塩で味を調節し、長ネギとパセリも加え、オリーブオイルを回し入れる。
6.丼にそれぞれご飯を盛り、上に麻婆豆腐をかけ、パセリ、中国山椒をふって完成♪

↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪



↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月2日の
「ミートソースの麻婆豆腐丼」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。