スポンサードリンク
豆乳おからクッキーダイエットに最近興味がある主婦dellyがお伝えする、おしえて!うれしぴ レシピで簡単料理!へようこそ♪

おしえて!うれしぴ レシピ 「韓流豚しゃぶ冷や汁そうめん」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月29日の
「韓流豚しゃぶ冷や汁そうめん」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、栃木県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”子供から大人まで喜ぶようなボリュームのあるそうめんメニューを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「韓流豚しゃぶ冷や汁そうめん」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、いつもと違った韓国風そうめん、驚きの美味しい野菜の食べ方ができるレシピを教えてくれました。
美味しい豚しゃぶのポイント、必見!韓国流の野菜の食べ方ができるレシピ。
コウケンテツさんにとってのお袋の味!子供の頃お母様がこのつゆをよく作ってくれたそうです。
つゆを残さずそのまま食べられるようにひねりを加えてアレンジしたそうめんメニューです。
今日の「おしえて!うれしぴ」のコウケンテツ先生、さわやかです♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「料理研究家」のコウケンテツ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.めんつゆを作る。
ボウルにみそ、すりおろしたショウガ、酢、すり白ゴマを入れてよく混ぜて、水を加えて混ぜ合わせて、氷水にあてて冷やしておく。
2.お湯を鍋に沸かして、酒、ショウガの皮、塩を入れて、豚バラ薄切り肉をを入れて、さっとくぐらせるようにして茹でて、湯を切る。
3.豚肉をボウルに入れて、しょうゆを加えて絡める。
4.別の鍋にたっぷりのお湯を沸かして、そうめんを1,2分程茹でて、ザルへ上げて氷水にさらし流水でしっかり洗い、ぬめりを取る。
5.お皿によく水気を切ったそうめんを盛り、豚肉、千切りミョウガをのせ、斜め切りキュウリを周りに入れて、つゆをかけ、小口切りにしたニラを散らして完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月29日の
「韓流豚しゃぶ冷や汁そうめん」

おしえて!うれしぴ レシピ 「失敗知らずのジューシー!シューマイ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月28日の
「失敗知らずのジューシー!シューマイ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、岐阜県の匿名希望さんからの質問でした。
質問は、”美味しいシューマイの作り方を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「失敗知らずのジューシー!シューマイ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、柔らかくてジューシーなシューマイのポイント、ちょっとした蒸し方のコツでさらに美味しくなるレシピを教えてくれました。
必見!柔らかジューシーのポイント、ジューシーに仕上げる蒸し方にコツがあるレシピ。
シューマイってなかなか上手くできませんよね?そんな私にはとっても役立ちそう!
タネをよく混ぜること、蒸している最中に水を吹きかけると柔らかく仕上がるそうです。
今日の「おしえて!うれしぴ」の中川先生、失敗しないシューマイの作り方、ありがとうございます♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「天外天」総料理長の中川優先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.豚ひき肉をボウルに入れて、みじん切り干しエビ、しょうゆ、砂糖、塩、黒コショウ、酒、ごま油を加えて手でよくこね、粗みじん切り水煮タケノコ、粗みじん切り干しシイタケも加えてよく混ぜ合わせる。
2.別のボウルに粗みじん切りにした玉ねぎを入れて、片栗粉を加えてあえて、上のボウルへ移してさっと混ぜ合わせてシューマイのタネを作る。
3.タネをシューマイの皮にのせて包んで、皮の余った部分は内側に折る。
4.蒸気の上がった蒸し器にシューマイを並べ入れて6分程度蒸す。
5.シューマイに水適量(分量外)をかけて、さらに2分程度蒸してからお皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月28日の
「失敗知らずのジューシー!シューマイ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「村田流チキン南蛮」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月27日の
「村田流チキン南蛮」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、神奈川県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”唐揚げや照り焼き以外の鶏肉を使った料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「村田流チキン南蛮」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、宮崎の郷土料理を先生流にアレンジした、甘酢につけて和風タルタルソースが絶品のチキン南蛮のレシピを教えてくれました。
漬け物が大活躍する和風タルタルソース、チキン南蛮最大のポイントで仕上げるレシピ。
ソナちゃんも食べたことな〜い!という今日の料理、宮崎県の郷土料理を村田先生が見事にアレンジ!
甘酢味のチキンに和風タルタルソースでいただきます。
今日の「おしえて!うれしぴ」の村田先生の名前を冠した、村田流チキン南蛮美味しそうね〜♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「菊乃井」主人の村田吉弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.鶏モモ肉に塩・黒コショウで下味をつけ、半分に切って、薄力粉・溶き卵の順に衣をつける。
2.揚げ油を170℃に熱して鶏肉を入れて、10分程度かけて揚げて油を切る。
3.甘酢タレを作る。
ボウル等に砂糖・酢・しょうゆを入れて混ぜ合わせる。
4.タルタルソースを作る。
マヨネーズ、キュウリの浅漬け・しば漬け・ラッキョウをみじん切りにしたもの、みじん切りゆで卵、いり白ゴマを混ぜ合わせる。
5.ボウルの中の甘酢ダレに鶏肉をさっとくぐらせて、食べやすい大きさに切る。
6.お皿に鶏肉を盛って、タルタルソースをかけて、千切りにしたキャベツを付け合わせて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月27日の
「村田流チキン南蛮」

おしえて!うれしぴ レシピ 「お麩の鶏そぼろ丼&レタスのシャカ2サラダ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月24日の
「お麩の鶏そぼろ丼&レタスのシャカ2サラダ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、静岡県ペンネーム ギョルズさんからの質問でした。
質問は、”みそ汁以外のお麩を使った料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「お麩の鶏そぼろ丼&レタスのシャカ2サラダ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、ボリューム満点!お麩を丼の具にして、お麩を食感よく仕上げるポイントのレシピを教えてくれました。
ショウガを入れて風味アップ、お麩をふんわり柔らかく仕上げるレシピ。
乾物の麩はみそ汁とかにしか使わないので、なかなか減らないの鶏そぼろ丼に使っちゃいます!
麩に味がしみ込んでボリュームアップで不思議な食感です。
今日の「おしえて!うれしぴ」の奥薗先生、ポリ袋でシャカシャカサラダはさすがですね〜♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「家庭料理研究家」の奥薗壽子先生のレシピです。


今日のレシピ。


【お麩の鶏そぼろ丼】
1.火をかけないで、フライパンに鶏ひき肉、しょうゆ・はちみつ・ショウガを入れて、木ベラなどで混ぜ合わせる。
2.火にかけて5分程度炒めて火を止める。
3.水を加えて、1×10cmの昆布をキッチンバサミで細切りにしながら加えて、しょうゆ・みりん・酒も加える。
4.麩を加えて、味がしみ込みやすいように麩を手で少し握るようにして亀裂を入れながら加える。
5.玉ねぎを繊維を断ち切るように薄切りにして加え、再度加熱して蓋をして5,6分煮る。
6.さらに鰹節を加えてさっと混ぜる。
7.どんぶりにご飯を盛り、具をかけ、紅生姜を天盛りにして完成♪


【レタスのシャカ2サラダ】
1.ポリ袋にしょうゆ・酢・みりん・練りワサビを入れてよく混ぜて、レタスを手でちぎりながら入れてポリ袋を振り、さらに焼き海苔を手でちぎりながら加えて振り混ぜて、お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月24日の
「お麩の鶏そぼろ丼&レタスのシャカ2サラダ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「塩焼きそば風まかないパスタ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月23日の
「塩焼きそば風まかないパスタ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???からの質問でした。
質問は、”簡単でありきたりではないパスタの新レパートリーを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「塩焼きそば風まかないパスタ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、焼きそばが食べたかった時に考え出したという、「タツヤ・カワゴエ」のまかないメニューのレシピを教えてくれました。
パスタを焼きそば風にする裏技、驚きのトッピングで美味しさアップするレシピ。
ショウガ・ごま油・塩で味付けしたパスタはマンネリから脱出したい方におすすめ!
イタリアンなのに中華?って感じでちょっと得した気分ですね!
今日の「おしえて!うれしぴ」の川越先生、井森さんとなんかいい感じですね〜♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「タツヤ・カワゴエ」オーナーシェフの川越達也先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.塩を入れてたっぷりのお湯を沸かし、1.6mmスパゲティを入れてアルデンテに7,8分程度茹でる。
2.フライパンにオリーブオイルを熱して、豚バラ薄切り肉を1cm幅に切って入れて炒めて、ニンニク、赤唐辛子を加えて炒める。
3.薄切り玉ねぎ、乱切りピーマン、一口大に切ったキャベツを加えて炒め、塩をふって更に炒めて、鶏ガラスープを加え、みじん切りショウガも加えて1,2分程度炒める。
4.スパゲティを湯を切ってから入れてからめ、ごま油を回し入れ絡め合わせて、塩・黒コショウで味を整える。
5.トッピングを作る。
1cm角に切ったモッツァレラチーズを入れて、塩、すり白ゴマ、レモンの絞り汁、ごま油を加えて混ぜる。
6.お皿にスパゲティを盛って、トッピングをのせ、みじん切りパセリを散らし、黒コショウをふって完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月23日の
「塩焼きそば風まかないパスタ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ボリューム塩焼き牛丼」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月22日の
「ボリューム塩焼き牛丼」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???からの質問でした。
質問は、”???を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ボリューム塩焼き牛丼」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、いつもの牛丼とひと味違って塩味が新鮮な、ごま油の風味も絶品のちょっと変わった牛丼のレシピを教えてくれました。
牛丼を美味しく仕上げるコツ、野菜たっぷりでボリューム満点のレシピ。
普通の甘辛い牛丼とはひと味違い、ごま油で炒めた塩味。
どんぶり好きには嬉しい、しば漬けの食感も楽しいですね!
今日の「おしえて!うれしぴ」の門脇先生、久しぶりですがとっても簡単レシピ教えてくれました!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「かどわき」主人の門脇俊哉先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.フライパンにごま油を入れて熱して、玉ねぎ、薄切りエリンギを入れて1分程度炒めて、シシトウを加えてまた1分程度炒めて、塩、七味唐辛子を振り入れてさっと炒め合わせてから取り出す。
2.フライパンを再度熱してごま油を入れて、牛肉を入れてさっと炒めて、塩をふってさらに炒める。
3.ご飯をボウルに入れてみじん切りにしたしば漬けを加えて混ぜ合わせる。
4.丼にご飯を盛って、炒めた野菜と牛肉をのせて半分に切ったスダチを添えて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月22日の
「ボリューム塩焼き牛丼」

おしえて!うれしぴ レシピ 「これぞ!エビチリ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月21日の
「これぞ!エビチリ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、宮崎県ペンネーム ももママさんからの質問でした。
質問は、”美味しいエビチリの作り方を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「これぞ!エビチリ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、エビがプリッと食感よく仕上がるポイントさえ押さえればお店と同じ味になるエビチリのレシピを教えてくれました。
エビの旨味を逃がさない方法、調味料の火の通し方がポイントのレシピ。
中華の定番のエビチリ、ご家庭でも本格的な味にできたらという要望にサクッと応えてくれました。
エビは火を通し過ぎないこと、プリプリエビになるように手早く作るのもコツですね!
今日の「おしえて!うれしぴ」の陳先生、お店と同じ味教えちゃって大丈夫なの?(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「四川飯店」オーナーシェフの陳建一先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.むきエビの背わたを取り、ボウルに入れて、塩、片栗粉を加えてもんで、水で洗って水気をペーパータオルなどでしっかりふき取る。
2.ボウルに上のむきエビを入れて塩・白コショウ・卵白・片栗粉を加えてもんで下味をつける。
3.フライパンにサラダ油を入れて熱して、上のエビを入れて約1分程炒めて一旦取り出す。
4.フライパンにサラダ油を入れて熱し火を止めて、みじん切りショウガ・ニンニク、豆板醤、トマトケチャップを入れて再び火にかけて1,2分程炒める。5.さらに鶏ガラスープとエビを戻し入れて火を止めて、砂糖、酒、塩・白コショウを加えて火にかけて、みじん切り長ネギを加えて優しく混ぜて、水溶き片栗粉でとろみをつける。
6.残しておいた卵を溶いて加えて、優しく混ぜてサラダ油を鍋肌から加えて焼き付け、酢を入れてざっと混ぜお皿に盛り、千切りレタスを付け合わせて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月21日の
「これぞ!エビチリ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「和風厚揚げハンバーグ&キュウリの梅ジソ和え」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月17日の
「和風厚揚げハンバーグ&キュウリの梅ジソ和え」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、新潟県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”厚揚げを使ったご飯に合う料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「和風厚揚げハンバーグ&キュウリの梅ジソ和え」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、ハンバーグ具材厚揚げを使い、厚揚げを使うことで美味しさアップするお手軽レシピを教えてくれました。
洗い物要らずのポリ袋が大活躍のハンバーグ、ポリ袋であっという間の和え物のレシピ。
包丁の必要がほとんどない、必見ポリ袋を使った調理法!
厚揚げと合い挽き肉のハンバーグはごま油、大根おろしとポン酢しょうゆで和風仕立てです!
今日の「おしえて!うれしぴ」の奥薗先生のずぼら料理の決定版ポリ袋を使った料理はほんと脱帽です♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「家庭料理研究家」の奥薗壽子先生のレシピです。


今日のレシピ。


【和風厚揚げハンバーグ】
1.ハンバーグのタネを作る。
厚揚げをポリ袋に入れて、手でよくつぶして、片栗粉も加えてもみながら混ぜ合わせ、さらに合い挽き肉、溶き卵、しょうゆ、塩、黒コショウを加えてもみながら混ぜて、最後に万能ネギを加えて混ぜ合わせる。
2.ポリ袋の上からタネを1cmの厚さくらいの長方形に伸ばしてキッチンバサミでポリ袋を切り、タネを小判形に形作る。
3.フライパンにごま油を入れて熱して、タネを並べて表裏4,5分程度かけて蓋をして焼く。
4.お皿に盛って、それぞれに大根おろしをのせて、ポン酢しょうゆをかけて完成♪


【キュウリの梅ジソ和え】
1.梅干しをポリ袋に入れてほぐして、キュウリを半分に折って入れて麺棒などで叩いて砕く。
2.青ジソを手でちぎって加えて、梅干しの種を取り除いたら、お皿に盛り、鰹節・しょうゆをかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月17日の
「和風厚揚げハンバーグ&キュウリの梅ジソ和え」

おしえて!うれしぴ レシピ 「トマトのさっぱり冷製パスタ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月16日の
「トマトのさっぱり冷製パスタ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、東京都ペンネームもうすぐママさんからの質問でした。
質問は、”妊娠中でも食べられるさっぱりとした美味しい料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「トマトのさっぱり冷製パスタ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、夏にぴったりのさっぱり冷たいパスタ、ボウルで混ぜるだけで超お手軽のレシピを教えてくれました。
さっぱりで美味しく仕上げるポイント、パスタをぎゅっとしぼるのが美味しさの秘訣のレシピ。
これは、ほんとに夏らしい冷製パスタですね。
普通のトマトとフルーツトマトを使い、ワインビネガーとバルサミコ酢で爽やかな味わいに!
今日の「おしえて!うれしぴ」の川越先生、井森さんの時はなんか絡みますよね???(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「タツヤ・カワゴエ」オーナーシェフの川越達也先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.たっぷりのお湯を沸かして十文字に切り目を入れたトマト・フルーツトマトを入れて、皮がめくれたら氷水につけて皮をむく。
2.たっぷりのお湯に塩適量を加えて沸騰させ、スパゲティを入れて芯がなくなるまで表示時間より2,3分長めに茹でる。
3.トマトを横半分に切って種を取り小さめのざく切りに、フルーツトマトはそのままくし形切りにする。
4.ボウルに2種類のトマトを入れて、オリーブオイル、バルサミコ酢、白ワインビネガー、一味唐辛子、塩、黒コショウを加えてよく混ぜ合わせて、オリーブオイルと乳化させてバジルの葉を手でちぎって加えてさっと混ぜる。
5.スパゲティが茹で上がったらザルに上げて氷水につけて冷やす。
6.スパゲティを取り出し、ふきんなどに包んで水気をよくしぼる。
7.トマトの入ったボウルにスパゲティを加えて混ぜ合わせ、オリーブオイルを加えて絡める。
8.お皿にスパゲティを盛り、黒コショウをふり、バジルの葉をのせて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月16日の
「トマトのさっぱり冷製パスタ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「梅風味のうなキューのり巻き」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月15日の
「梅風味のうなキューのり巻き」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、新潟県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”失敗ばかりの巻物を上手に巻けるコツを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「梅風味のうなキューのり巻き」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、失敗しないのり巻きの作り方&裏技、夏にピッタリのさっぱりご飯のレシピを教えてくれました。
絶対失敗しない巻き方、必見!ご飯が外側になる裏巻きも披露のレシピ。
ウナギの蒲焼き・キュウリ・厚焼き卵が入った豪華なのり巻きですね。
この巻き方をマスターしたら巻物好きになるかも?
今日の「おしえて!うれしぴ」の門脇先生、久しぶりの登場です♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「かどわき」主人の門脇俊哉先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.市販品うなぎの蒲焼きを長さ半分に切り、さらに縦3等分に切って、耐熱容器に入れてラップをして電子レンジ500Wで約1分加熱する。
2.すし酢を作る。
酢、砂糖、塩をボウルに入れてさっと混ぜる。
3.飯台などに温かいご飯3合分を入れて、すし酢を入れてしっかり混ぜて、梅干し、いり白ゴマを加えて混ぜ合わせる。
4.焼き海苔を巻きすにのせ、その上に2〜3cmほどののりしろを残して酢飯を広げて青ジソ、市販品の厚焼き卵、ウナギの蒲焼き、キュウリをのせて、端から一気に巻く。計2本作る。
5.ご飯が外側になる裏巻きを作る。
別の巻きすにラップを敷いて、上に焼き海苔をひろげて酢飯をのせて、裏返ししてご飯を下にして青ジソ、厚焼き卵、蒲焼き、残りのキュウリをのせて、端から巻く。
6.包丁を濡れふきんでぬらして、のり巻きと裏巻きを切ってお皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月15日の
「梅風味のうなキューのり巻き」

おしえて!うれしぴ レシピ 「キュウリとササミの梅炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月14日の
「キュウリとササミの梅炒め」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???からの質問でした。
質問は、”???を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「キュウリとササミの梅炒め」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、味付けはコンビニやスーパーでも入手できるカリカリ梅がポイントの、食感もよくさっぱりとした後味の夏にピッタリのレシピを教えてくれました。
暑い夏におすすめのさっぱりとした、手軽な食材カリカリ梅で美味しさアップのレシピ。
キュウリは生で食べるのが定番ですが、炒めても美味しいんですね。
鶏のササミと一緒に炒めて中華の風おかずに仕上げます!
今日の「おしえて!うれしぴ」の陳先生、2回目の登場です♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「四川飯店」オーナーシェフの陳建一先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.キュウリの皮をむいて、食べやすい大きさに薄切りにする。
2.鶏ササミの筋を取り除き、縦半分に切って薄いそぎ切りにする。
3.鶏のささみをボウルに入れて、塩・白コショウをふって酒・水溶き片栗粉を加えて混ぜ、さらに片栗粉適量を少しずつ加えていき全体にまぶす。
4.お湯を鍋に沸かして、塩・サラダ油を入れて鶏のササミをほぐしながら入れて、約1分程度茹で湯を切る。
5.あわせ調味料を作る。
砂糖、顆粒鶏ガラスープ・塩、酒、酢、珈琲用ミルク、水、水溶き片栗粉、白コショウをボウルに入れて混ぜる。
6.フライパンにサラダ油を入れて熱して、斜め切りにした長ネギとショウガを入れて焦がさないように香りがでるまで炒めて、キュウリを加え、さっと炒めて、みじん切りカリカリ梅を加えて炒める。
7.さらにササミを加えさっと炒め、あわせ調味料も加えて炒め合わせて、サラダ油を回し入れて混ぜて、お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月14日の
「キュウリとササミの梅炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ぬか漬けまぐろ&イカの塩辛炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月13日の
「ぬか漬けまぐろ&イカの塩辛炒め」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、新潟県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”お酒のおつまみにも夕飯のおかずにもなる料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ぬか漬けまぐろ&イカの塩辛炒め」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、ぬか漬けとイカの塩辛がメインのおかずに、そしてもちろんお酒のおつまみにもピッタリのレシピを教えてくれました。
お手軽なのに美味しい秘密、塩辛にバターを加えて驚きの一品となるレシピ。
このうれしぴレシピは、お酒のお好きなお父さん大喜びでは?
マグロとぬか漬けを混ぜただけ、イカの塩辛をバターで炒めただけ簡単だけど美味しそう!
今日の「おしえて!うれしぴ」の加藤先生、こういった創作料理は大得意ですよね♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「胡豆昆」店主の加藤敏彦先生のレシピです。


今日のレシピ。


【ぬか漬けまぐろ】
1.鍋などにお湯を沸かして、縦2等分に切ったマグロをさっと湯通しし、氷水にさっとさらし水気をよく拭いて薄いそぎ切りにしてボウルに移す。
2.薄切りニンジンのぬか漬け・キュウリのぬか漬け・茄子のぬか漬けをボウルに入れて混ぜて、千切りショウガ、しょうゆを加えてざっとあえてお皿に盛り、切り白ゴマを散らして完成♪


【イカの塩辛炒め】
1.ボウルに、解凍して表面に細く切り目を入れて食べやすい大きさのそぎ切りにした冷凍ロールイカを入れる。
2.みじん切りイカの塩辛、酒を入れて混ぜあわせる。
3.フライパンにバターを入れて溶かし、上の塩辛を入れてさっと炒めて、お皿に盛り、千切りミョウガをのせて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月13日の
「ぬか漬けまぐろ&イカの塩辛炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ワザあり!オクラカレー」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月10日の
「ワザあり!オクラカレー」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、熊本県ペンネームみゆみゆさんからの質問でした。
質問は、”ワンパターンにならないインパクトのあるカレーを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ワザあり!オクラカレー」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、オクラが主役のいつもと違う、スパイス要らずで短時間で仕上がるカレーのレシピを教えてくれました。
旨味アップの秘密が盛りだくさん、ウスターソースで手軽に本格カレーのレシピ。
オクラ・干しシイタケ・昆布といつもと違った食材が入ったカレーは、トマトの水分だけで作ります。
隠し味のスパイスはウスターソースがポイントですね。
今日の「おしえて!うれしぴ」の奥薗先生、久しぶりの登場で、張り切ってうれしぴ!連発でした!(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「家庭料理研究家」の奥薗壽子先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.オクラのへたを取り、3等分の長さに切る。
2.フライパンにオリーブオイルを入れて熱して、ニンニクを入れて香りが出るまで炒めて、薄切り玉ねぎを加えて2分ほど炒める。
3.合い挽き肉を加えて炒めて、肉の色が変わってきたらカレー粉半量を加えて、炒め合わせる。
4.1×10cmの昆布をキッチンばさみで細切りにしながら加えていき、干しシイタケを手でちぎりながら入れて、ざく切りトマト、切ったオクラの半分量を入れて、蓋をして弱火で約5分程度煮る。
5.さらに、塩、ウスターソース、しょうゆ、カレー粉半量、残りのオクラを加え蓋をして約1分程度にる。
6.お皿にご飯を盛り、カレーをかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月10日の
「ワザあり!オクラカレー」

おしえて!うれしぴ レシピ 「パーティハンバーグサンド」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月9日の
「パーティハンバーグサンド」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、千葉県匿名希望さんからの質問でした。
質問は、”美味しくて見栄えがするパーティメニューを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「パーティハンバーグサンド」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、パーティにお出かけにもピッタリ、冷めても美味しい秘密のレシピを教えてくれました。
冷めても美味しいハンバーグの作り方、香りよく仕上げるのがポイントのレシピ。
ホームパーティーやパーティへの持ち寄り、ピクニックなどの行楽にもピッタリですね。
鶏ひき肉で作ったハンバーグ、粒マスタードが入った絶品ソースの相性抜群、かつオシャレ〜なサンドです。
今日の「おしえて!うれしぴ」の川越先生、井森さんに相当つっこみ入れてましたね!(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「タツヤ・カワゴエ」オーナーシェフの川越達也先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ハンバーグのタネを作る。
鶏ひき肉をボウルに入れて、みじん切り玉ねぎ・ショウガ、溶き卵、塩、顆粒鶏ガラスープ、オイスターソース、片栗粉、黒コショウ、水を順番に加えて空気を入れるように手でかき混ぜる。
2.フライパンにオリーブオイル入れて熱して上のタネを4等分してスプーンなどで入れて円形に整えて、弱火で3,4分焼き、裏返しさらに約3,4分程度焼いてハンバーグを作る。
3.ソースを作る。
ボウルにトマトケチャップ、ウスターソース、水、粒マスタードを入れて混ぜる。
4.フライパンにソースとバターを加えて、フライパンを揺すってスプーンでソースをかけながら絡める。
5.食パンにグリーンカールをのせ、ハンバーグをおき、もう一枚の食パンでサンドして軽く押さえ斜め半分に切る。
6.お皿にサンドを盛りつけ、ミニトマト、セルフィーユを添えて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月9日の
「パーティハンバーグサンド」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ヘルシー!ぶっかけサラダそば」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月8日の
「ヘルシー!ぶっかけサラダそば」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???からの質問でした。
質問は、”いつもと違うサラダを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ヘルシー!ぶっかけサラダそば」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、食感よく仕上げる方法、お蕎麦にオリーブオイルを絡め馴染みやすくするのがポイントのレシピを教えてくれました。
ボリュームたっぷりで、とても食べ応えのありそうなサラダそばのレシピ。
鶏ササミと野菜をのせるのがあっさり&さっぱりなので食欲なくても食べられちゃう。
茹でた蕎麦にオリーブオイルを絡めるなんて以外ですね。
今日の「おしえて!うれしぴ」の門脇先生、一つ一つの技が光りますね!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「かどわき」主人の門脇俊哉先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.鶏ササミの筋を取り、斜め薄切りにして塩をふって、約5分程度おいて片栗粉を全体にまぶす。
2.たっぷりの熱湯を沸かして鶏のささみを入れてさっと茹でて、氷水にとって水気を切る。
3.上の鍋に乾麺の蕎麦を入れて表示時間通り茹でて取り出して流水で洗い、ザルに上げて水気を切り、ボウルに入れてオリーブオイルを全体に絡める。
4.めんつゆをつくる。
別の鍋にだし汁を入れて沸かして、薄口しょう・みりんを加えて一煮立ちさせ、氷水に当てて粗熱を取る。
5.ボウルに千切りキュウリ、半分の長さに切ったカイワレ、千切り長ネギ・ミョウガを入れて混ぜ、水にさらしてシャキッとさせて水気を切る。
6.器に蕎麦と野菜類・鶏のササミを盛って、ゆで卵の黄身と白身の粗みじん切り、いり白ゴマ・焼き海苔をちぎって散らして、めんつゆとわさびを添えて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月8日の
「ヘルシー!ぶっかけサラダそば」

おしえて!うれしぴ レシピ 「おウチで本格麻婆ナス」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月7日の
「おウチで本格麻婆ナス」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、神奈川県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”麻婆ナスが油っぽくならない作り方を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「おウチで本格麻婆ナス」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、ナスがベチョッとしない調理法で、油っぽくなく食感のよい簡単だけど本格的な麻婆ナスのレシピを教えてくれました。
ナスがべちゃっとならない方法、本格麻婆のレシピ。
暑い夏にはピリ辛の本格麻婆ナスで夏バテしないで乗り切りましょう。
ご存じ中華の鉄人、アノ陳建一先生が、うれしぴ!初登場です♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の陳建一先生、混ぜてるとき小指を立てる様子を、「優しさが伝わるでしょ?」と(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「四川飯店」オーナーシェフの陳建一先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.へたを鉛筆削りのように切り皮を縦に縞目に3カ所ほどピーラーなどでむいたナスを一口大の乱切りにする。
2.ボウルに上のナスとコーンスターチを入れて全体にまぶす。
3.深めのフライパンにサラダ油を入れて180℃に熱して、ナスを入れて揚げ、揚がったら油を良く切る。
4.フライパンのサラダ油を少し残して熱して、豚ひき肉を入れて炒めたら火を止めて、みじん切りショウガ・ニンニク、豆板醤・甜面醤を加えて再び火にかけて炒め合わせる。
5.火を止めて鶏ガラスープを加えて、揚げたナスも入れて再度火にかけて絡める。
6.さらに砂糖、酒、しょうゆ、みじん切り長ネギ、白コショウの順番に加えて、水溶き片栗粉でとろみをつけて、酢を仕上げに加えてざっと混ぜ、お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月7日の
「おウチで本格麻婆ナス」

おしえて!うれしぴ レシピ 「子持ちエビフライ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月6日の
「子持ちエビフライ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、神奈川県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”夏休みでメニューがマンネリ化してしまいます。子供が喜ぶような料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「子持ちエビフライ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、子供が喜ぶエビフライがバージョンアップ、フライなのに少ない油でOKのレシピを教えてくれました。
エビに子供が出来ちゃった???少ない油でお手軽エビフライのレシピ。
お子さんと夏休みに一緒に作ってみませんかぁ?
エビとウズラの卵の合体技は作るのも楽しくて、しかもとても美味しそう。
今日の「おしえて!うれしぴ」の加藤先生の教えてくれた卵の殻を簡単にむく方法は是非覚えておきたいですね!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「胡豆昆」店主の加藤敏彦先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.鍋にお湯を沸かして、塩・酢を入れてウズラの卵を入れて約1分程度かき混ぜながら茹でて、さらに2分そのまま茹で、その後ザルに上げて10秒程度置いて表面を乾かしてから、密閉容器に入れて流水をかけて一気に冷やし、ウズラの卵が半分くらいまでつかるように水を入れて蓋をしてよくふり殻をむく。
2.ボウルに殻・背わたを除いたブラックタイガーの腹の方に数カ所切り目を入れて、塩・黒コショウを入れて手でもみ込み下味をつける。
3.ウズラの卵をエビで巻いて、楊枝で止める。
4.薄力粉・溶き卵・パン粉を順にまぶし衣をつける。
5.フライパンに多めのサラダ油を熱して、エビを入れて3〜4分程度かけて両面を揚げ焼きにする。
6.ソースを作る。
ボウルにマヨネーズ,みじん切り玉ねぎ、トマトケチャップを入れて混ぜる。
7.お皿に楊枝を取ったエビを盛りつけて、千切りキャベツ、ミニトマト、パセリをのせ、ソースをかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月6日の
「子持ちエビフライ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ピーマンポタージュラーメン」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月3日の
「ピーマンポタージュラーメン」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???さんからの質問でした。
質問は、”ピーマンが苦手な子供が食べられるメニューを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ピーマンポタージュラーメン」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、玉ねぎを使って甘みをプラスしてピーマンの青臭さを消してジャガイモでとろみをプラスした一風変わったラーメンのレシピを教えてくれました。
見たこともない色で、ピーマンの青臭さを和らげるのがポイントのレシピ。
これならピーマンが嫌いお子様でも食べられそうですね♪
麺にはバターを絡めてコーンも入って、お子さんもうれしぴメニュー。
今日の「おしえて!うれしぴ」の笠原先生、だんだんうれしぴ!に慣れてきた感じがしますね!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「賛否両論」店主の笠原将弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.フライパンにサラダ油を入れて熱して、へたと種を取り細切りにしたピーマン、薄切り玉ねぎ、薄いいちょう切りジャガイモを入れて3,4分程度良く炒める。
2.鶏ガラスープを半分量入れて4分程度煮る。
3.ミキサーに上の具材を数回にわけて入れてペースト状にし、さらに残りのスープの半分量をミキサーに入れてかけてなめらかにする。
4.次にフライパンに戻し入れて、残りのスープと塩、薄口しょうゆ、みりんを加えて一煮立ちさせる。
5.鍋にお湯を沸かして、中華麺を茹でて、茹で上がったらお湯を切りボウルに入れてバターを絡める。
6.お皿に麺を盛って、ペースト状のスープをかけて、コーン缶とゆで卵縦半分に切ったもの、かに風味かまぼこを飾って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月3日の
「ピーマンポタージュラーメン」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ピリ辛&まろやかつゆで中華風そうめん」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月2日の
「ピリ辛&まろやかつゆで中華風そうめん」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、愛知県のペンネーム やっぴーさんからの質問でした。
質問は、”家族を驚かせるようなそうめんつゆを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ピリ辛&まろやかつゆで中華風そうめん」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、2種類の絶品中華風つゆ、ピリ辛とまろやかつゆで夏ばて解消によさそうなレシピを教えてくれました。
簡単!絶品!ピリ辛つゆとまろやかつゆを美味しく仕上げていつもと違った飽きのこないそうめんのレシピ。
豆板醤入りでピリッと辛目とマヨネーズ・ゴマ・酢入りのまろやかつゆで2倍楽しめちゃう♪
ナスとミョウガをのせて、あっさり夏らしくて食欲でてきます。
今日の「おしえて!うれしぴ」の中川先生、ちょっとテンション高めで、郁恵さんと井森さんに絡まれてましたね。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「天外天」総料理長の中川優先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ナスを竹串などで数カ所穴をあけ、焼き網にのせて10分程焼く。
2.ナスを氷水にさらしてへたと皮をのぞいて水気をふいて裂く。
3.ピリ辛のつゆを作る。
鍋にサラダ油を入れて熱して、豆板醤を入れて弱火で炒めて火を止めて、鶏ガラスープを加えて再度火をつけ、酢としょうゆを加えて火を止めて、ごま油を回し入れてボウルに移し氷水にあてて粗熱を取り、冷めたら青ジソを加える。
4.まろやかつゆを作る。
マヨネーズ、練り白ゴマ、砂糖、みじん切りショウガ、酢、しょうゆ、鶏ガラスープを混ぜ合わせる。
5.たっぷりのお湯を沸かし、そうめんを入れて、途中差し水をしながら2分程度茹でて、ザルに上げて流水で洗って水気を切る。
6.お皿にそうめんを盛って、ナスとミョウガをのせてピリ辛&まろやかつゆを添えて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月2日の
「ピリ辛&まろやかつゆで中華風そうめん」

おしえて!うれしぴ レシピ 「おウチでプルコギ!」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月1日の
「おウチでプルコギ!」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、神奈川県の20歳男性の方からの質問でした。
質問は、”焼き肉のタレ以外で、美味しいお肉の味付けを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「おウチでプルコギ!」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはプルコギが家庭で簡単に、特別な調味料は必要ない、超簡単のプルコギのレシピを教えてくれました。
手軽な材料で本格的な味に、短時間で美味しく仕上げるのがコツのレシピ。
韓国の母の味・プルコギ。水分の多い焼き肉と言ったかんじですね。
焼くというよりも水分が多いので炒め煮といった感じでしょうか。
今日の「おしえて!うれしぴ」のコウケンテツ先生、井森さんにかなしぴ!出した後の仕草・・・素敵デス。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「料理研究家」のコウケンテツ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ボウルにしょうゆ、砂糖、市販品の果汁100%りんごジュース、炒り白ゴマ、すり下ろしたショウガ・ニンニク、一味唐辛子を入れてよく混ぜて、ごま油を加えて混ぜ合わせる。
2.牛切り落とし肉、薄切り玉ねぎ、細切り赤ピーマン、1cm幅に切ったシイタケ、5cm長の万能ネギを入れて手で混ぜ合わせて、約2分程度おいて味を馴染ませる。
3.フライパンにごま油を入れて熱し、上の具材を入れて、1,2分炒める。
4.お湯を加えて2分程度炒め煮する。
5.お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月1日の
「おウチでプルコギ!」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。