スポンサードリンク
豆乳おからクッキーダイエットに最近興味がある主婦dellyがお伝えする、おしえて!うれしぴ レシピで簡単料理!へようこそ♪

豚肉料理レシピ記事一覧

おしえて!うれしぴ レシピ 「ゆずコショウおろしあんで豚肉のステーキ」


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月13日の
「ゆずコショウおろしあんで豚肉のステーキ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???方からの質問でした。
質問は、”豚肉を使った美味しい料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ゆずコショウおろしあんで豚肉のステーキ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、ユズコショウの風味とさっぱり大根おろしが入った、エビや鶏肉白身魚にもあうあんがかかった豚肉のステーキのレシピを教えてくれました。
豚肉にピッタリのさっぱりあんの登場、大根おろしとユズコショウの組み合わせがポイントのレシピ。
豚肉のステーキに大根おろしとユズコショウが入ったあんがかかっていて、さっぱり、優しい味に!
あんにはきのこ類がたっぷり入っていてもうすっかり秋って感じでですね。
今日の「おしえて!うれしぴ」の笠原先生、いつもの切れ味バッチリです♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「賛否両論」店主の笠原将弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.豚カツ用豚肩ロース肉を筋切りして塩で下味をつける。
2.フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚肉を入れて両面を5分程度かけて焼いて取り出し、アルミ箔で包み、そのまま10分程度置いて余熱で火を通す。
3.おろしあんを作る。
鍋にだし汁、薄口しょうゆ、みりんを合わせて一煮立ちさせて、エノキダケ、シイタケ、シメジ、キヌサヤを入れて1,2分程度煮て、軽くしぼった大根おろしを加えて一煮立ちしたら、水溶き片栗粉でとろみをつつけて、ユズコショウを加えてさっと加熱する。
4.豚肉を食べやすい大きさに切って、お皿に盛って、おろしあんをかけて白髪ネギをのせて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月13日の
「ゆずコショウおろしあんで豚肉のステーキ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「豚とキノコのゴマカレー」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月7日の
「豚とキノコのゴマカレー」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、東京都の女性の方からの質問でした。
質問は、”豚しゃぶや冷やし中華以外の練りゴマを使った料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「豚とキノコのゴマカレー」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、練りゴマでコクがアップして優しい味に、キノコは10分以上煮ることでうま味がアップするちょっと変わったカレーのレシピを教えてくれました。
キノコは10分以上煮るとうま味がアップし、練りゴマで美味しく、隠し味も登場するレシピ。
ゴマカレーと言ってもゴマ粒が入っているわけではなく、意外とカレーと合う練りゴマを使ったアイデア料理です。
コクと香ばしさが加わって美味しく仕上がるようですよ!
今日の「おしえて!うれしぴ」のケンタロウ先生とジローラモさんの2ショットは見ていて面白いです♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「料理家」のケンタロウ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.サラダ油をフライパンに入れて熱して、みじん切りニンニクを入れて、香りが出るまで炒める。
2.一口大に切った豚バラ薄切り肉と玉ねぎを加えて2,3分炒めて、石づきを取り小房に分けたシメジ・マイタケも加えてさっと炒める。
3.お湯を加えて、アクを取りながら15分程度煮る。
4.さらに、インゲンを加えてさっと煮たら火を止めて、カレールウを加えて溶かして再び火にかけて一煮立ちさせて1分程煮て、練り白ゴマ、しょうゆを加えてさっと煮る。
5.お皿にごはんを盛り、カレーをお好みの量をかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月7日の
「豚とキノコのゴマカレー」

おしえて!うれしぴ レシピ 「失敗知らずのジューシー!シューマイ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月28日の
「失敗知らずのジューシー!シューマイ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、岐阜県の匿名希望さんからの質問でした。
質問は、”美味しいシューマイの作り方を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「失敗知らずのジューシー!シューマイ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、柔らかくてジューシーなシューマイのポイント、ちょっとした蒸し方のコツでさらに美味しくなるレシピを教えてくれました。
必見!柔らかジューシーのポイント、ジューシーに仕上げる蒸し方にコツがあるレシピ。
シューマイってなかなか上手くできませんよね?そんな私にはとっても役立ちそう!
タネをよく混ぜること、蒸している最中に水を吹きかけると柔らかく仕上がるそうです。
今日の「おしえて!うれしぴ」の中川先生、失敗しないシューマイの作り方、ありがとうございます♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「天外天」総料理長の中川優先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.豚ひき肉をボウルに入れて、みじん切り干しエビ、しょうゆ、砂糖、塩、黒コショウ、酒、ごま油を加えて手でよくこね、粗みじん切り水煮タケノコ、粗みじん切り干しシイタケも加えてよく混ぜ合わせる。
2.別のボウルに粗みじん切りにした玉ねぎを入れて、片栗粉を加えてあえて、上のボウルへ移してさっと混ぜ合わせてシューマイのタネを作る。
3.タネをシューマイの皮にのせて包んで、皮の余った部分は内側に折る。
4.蒸気の上がった蒸し器にシューマイを並べ入れて6分程度蒸す。
5.シューマイに水適量(分量外)をかけて、さらに2分程度蒸してからお皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月28日の
「失敗知らずのジューシー!シューマイ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「サクッとジューシー豚カツ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月31日の
「サクッとジューシー豚カツ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、青森県のペンネーム はるかママからの質問でした。
質問は、”柔らかくてジューシーな豚カツの作り方を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「サクッとジューシー豚カツ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは豚カツを柔らかくジューシーに仕上げるコツ、超簡単の絶品ソースが登場するレシピを教えてくれました。
いろいろな柔らかジューシーの秘密、サクッと揚がる絶品豚カツのレシピ。
トンカツ好きにはよだれものの絶品サクッとジューシートンカツ!
2回にわけて揚げるという一手間をかけるとこれが全然違う仕上がりに♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の笹岡先生、井森さんが油から豚カツを2個一気に上げる様子をみて驚いましたね!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「笹岡」主人の笹岡隆次先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.トンカツ用豚ロース肉は、筋切りして、塩・黒コショウで下味をつける。
2.ボウルに薄力粉、溶き卵、水を入れて混ぜ合わせる。
3.豚肉を上の液体にくぐらせて、生パン粉をまぶす。
4.揚げ油を170℃に熱した中へ衣をつけた豚肉を入れて4分程度揚げてバットに取り出し、余熱で1分程度火を通し、さらに170℃〜180℃の揚げ油で1分程度揚げて、取り出して油を切る。
5.フライパンに中濃ソース、水を入れて一煮立ちさせる。
6.千切りキャベツ、千切り青ジソを混ぜ合わせる。
7.お皿に野菜、トンカツを盛り、くし形切りにしたレモン、ミニトマト、練り辛子を添え、ソースを別添えして完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月31日の
「サクッとジューシー豚カツ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「甘辛香味ダレでジューシーゆで豚」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月25日の
「甘辛香味ダレでジューシーゆで豚」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???さんからの質問でした。
質問は、”???を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「甘辛香味ダレでジューシーゆで豚」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは柔らかジューシーな茹で方、相性抜群の簡単甘辛ダレでいただく茹で豚のレシピを教えてくれました。
ペーパータオルが大活躍し、豚肉を柔らかにする切り方、ジューシーに仕上げるのがポイントのゆで豚のレシピ。
水から茹でて、ペータータオルの落とし蓋で豚肉の表面が乾くのを防ぐのだそうです。
大体茹で上がったらゆっくりと鍋の中で温度をさげ、さらに繊維に沿って切ることで最高にジューシーに♪
今日の「おしえて!うれしぴ」のコウケンテツ先生、多分2回目の登場ですが、かっこよくないですか〜?


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「料理研究家」のコウケンテツ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.常温に戻しておいた豚バラかたまり肉を半分に切る。
2.鍋にたっぷりの水、塩、酒、ニンニク、長ネギの青い部分、ショウガの皮と豚肉を入れて火にかけて3分程茹で、煮立ってきたらアクを取り、ペーパータオルで落とし蓋をして、弱めの中火でさらに30〜40分程度煮る。
3.火を止めてそのまま10分程度冷めるまでおいておく。
4.豚肉を鍋から取り出して、まず半分に切り、繊維に沿って食べやすい大きさに切る。
5.ボウルにコチュジャン、酢、砂糖、すりおろしショウガを入れて混ぜ合わせる。
6.さらに千切りミョウガ、白髪ネギ、千切りキュウリを入れて手でざっくりと混ぜて、全体に味を馴染ませる。
7.お皿にサニーレタス・青ジソと豚肉と野菜類を盛って完成♪
サニーレタスに青ジソをのせて豚肉をおいて甘辛香味ダレをからめた野菜をのせて包んでいただく。


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月25日の
「甘辛香味ダレでジューシーゆで豚」

おしえて!うれしぴ レシピ 「豚肉と厚揚げのスタミナ炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月13日の
「豚肉と厚揚げのスタミナ炒め」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、千葉県ペンネーム クリップさんからの質問でした。
質問は、”料理初心者の夫でも作れる料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「豚肉と厚揚げのスタミナ炒め」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは包丁を使わないのが美味しさの秘密で、料理初心者の旦那様でも簡単に出来そうなレシピを教えてくれました。
失敗しない炒め物のコツ、手軽だからこそ美味しい秘密の簡単レシピ。
包丁いらずで、普段料理をしない旦那様でも失敗知らずの炒め物です。
合わせ調味料もあらかじめ作っておくと手早くできますね♪
今日の「おしえて!うれしぴ」のケンタロウ先生、郁恵さんのうれしぴ!フライングにちょっとがっかりしてました!(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
料理家のケンタロウ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.合わせ調味料を作る。
ボウルにオイスターソース、しょうゆ、酒、片栗粉、水を入れて小さい泡立て器で良く混ぜ合わせる。
2.ニンニクをへらでつぶして芯があったら取る。
3.フライパンにごま油を入れて熱して、ニンニクを加えて1分程度炒めて、香りが出てきたら豚こま切れ肉を入れて2分程度炒める。
4.厚揚げを手で一口大にちぎりながらフライパンへ入れて炒めて、手でちぎったキャベツを加えて1,2分炒め合わせる。
5.先に作っておいた合わせ調味料を加えてさっと炒めて、お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月13日の
「豚肉と厚揚げのスタミナ炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 「豚肉とトマトのとろ〜り炒め煮」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月27日の
「豚肉とトマトのとろ〜り炒め煮」


今日のおしえて!うれしぴは、山口県のペンネーム みのりさんからの質問でした。
質問は、”トマトを使ったサラダ以外の料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「豚肉とトマトのとろ〜り炒め煮」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは超お手軽なトマトの湯むき法と、トマトをおかずとして食べられるメニューのレシピを教えてくれました。
トマトの炒め方のポイントや、仕上げのポイントでさらに美味しくする方法を使い、とろ〜り感たっぷりレシピ。
トマトと相性バッチリの卵とじでちょっと洋食風に仕上げてますね。
卵とチーズがとろ〜り程良くとろけてとっても美味しそう♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の加藤先生、うれしぴ!出すのとっても楽しそうです♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「胡豆昆」店主の加藤敏彦先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.トマトのへたを取り、先端に十文字に切り目を入れてフォークをへたの方に刺して直火で表面をあぶり、氷水にさらして皮をむく。
2.さらにトマトをくし形切りにする。
3.豚こま切れ肉に塩・黒コショウで下味をつける。
4.フライパンにオリーブオイルを入れて熱して薄切りタマネギを加えて中火で炒める。
5.フライパンに豚肉を入れて火を強めて炒めて、肉の色が変わったらトマトも加えてさっと炒める。
6.さらに鶏ガラスープ、白ワイン、塩・黒コショウを入れてさっと煮て、溶き卵を回し入れて、ピザ用チーズを散らして火を止めて蓋をして1,2分蒸らす。
7.再びさっと加熱してお皿に盛って、バジルの葉をちぎって散らして完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月27日の
「豚肉とトマトのとろ〜り炒め煮」

おしえて!うれしぴ レシピ 「万能ゴママヨソースで豚バラサラダ巻き」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月21日の
「万能ゴママヨソースで豚バラサラダ巻き」


今日のおしえて!うれしぴは、佐賀県のペンネーム めぐタロウさんからの質問でした。
質問は、”ごま油を使った簡単なドレッシングを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「万能ゴママヨソースで豚バラサラダ巻き」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはごま油を使った混ぜるだけの簡単万能ソースの作り方と、必見!豚バラ肉の美味しい食べ方も絡めたレシピを教えてくれました。
ケンタロウ流!万能ソースが登場し、豚バラ肉を美味しく仕上げるのがコツのレシピ。
何にでも合いそうなごま油を使ったドレッシング、混ぜるだけっていうのがいいですね。
お刺身や豆腐、サラダ、干物などに合うそうですよ!
今日の「おしえて!うれしぴ」のケンタロウ先生、ご指名ファンレターでご機嫌でしたね。(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
料理家のケンタロウ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.豚バラかたまり肉を厚さ5mm程度に食べやすく切る。
2.ボウルにマヨネーズ、ごま油、酢、砂糖、すり白ゴマ、オイスターソース、ラー油を入れて混ぜ合わせ、容器へ移し入れる。
3.フライパンに豚肉を並べて入れて、塩・黒コショウをふり、5分程かけてカリカリに焼いて、ペーパータオルの上に取り上げる。
4.お皿にグリーンカール、細切りキュウリ、万能ネギと先ほどの豚肉をのせたて完成♪
ソースをかけて巻いて食べる。


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月21日の
「万能ゴママヨソースで豚バラサラダ巻き」

おしえて!うれしぴ レシピ 「梅風味の豚しゃぶおかずサラダ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月13日の
「梅風味の豚しゃぶおかずサラダ」


今日のおしえて!うれしぴは、福岡県のペンネーム はーばぁばぁさんからの質問でした。
質問は、”肉好きな主人が喜ぶヘルシーで簡単な料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「梅風味の豚しゃぶおかずサラダ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはヘルシーだけど食べ応えバッチリで、お酒の使い方が美味しさのカギの簡単!絶品!梅風味ダレでいただくレシピを教えてくれました。
美味しさのカギのお酒の使い方や、美味しい豚シャブの秘訣が満載で、相性抜群に梅風味ダレが絶品です。
肉好きの方も野菜がたくさん取れて、しかもしゃぶしゃぶだからヘルシー。
市販の練り梅でつくるたれは作り置きしておくといいかもです。
今日の「おしえて!うれしぴ」の笠原先生のこぶしを握ったポーズ定番になりそうですね!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「賛否両論」店主の笠原将弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ボウルにレタス、青ジソ、ミョウガ、ミズナを入れて混ぜ合わせる。
2.別のボウルを用意して、酒を入れて電子レンジ500Wで2分程度加熱して取り出して粗熱を取り、市販品の練り梅、しょうゆ・砂糖を加えてたれを作る。
3.鍋に湯を沸かし酒を加えてしゃぶしゃぶ用の豚モモ薄切り肉を広げながら入れてさっと茹でて湯を切る。
4.お皿に豚肉と野菜を盛りつけ、万能ネギを散らし、たれを添えて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月13日の
「梅風味の豚しゃぶおかずサラダ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ごちそう豚バラひじき」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月11日の
「ごちそう豚バラひじき」


今日のおしえて!うれしぴは、神奈川県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”美味しいひじきの作り方を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ごちそう豚バラひじき」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはボリューム満点でおかずになるひじき、超簡単ひじきの戻し方、基本の味付けと美味しい煮方のポイント満載のレシピを教えてくれました。
日本のお袋の味のひとつのひじきの煮物は是非美味しく作れるようになりたいですよね?
ひじきの超簡単戻し方、調味料の割合、カブの入れるタイミングなど美味しく仕上げるポイント満載です。
レンジでこんなに簡単にひじきが戻せるなんて、感動です!
今日の「おしえて!うれしぴ」の村田先生のギャグが受けることはあるのでしょうか?(笑)


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「菊乃井」主人の村田吉弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.乾燥ひじきをザルに入れて洗いボウルに入れて、水を加えてラップをして電子レンジ500Wで3分〜4分ほど加熱して水気を切る。
2.フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚バラ薄切り肉を入れて炒めて、ニンジンとゴボウを加えて1分程度炒める。
3.そこへひじきを加えて、さっと炒める。
4.さらにだし汁:しょうゆ:みりん=8:1:1の割合で加えて落とし蓋をして10〜15分ほど煮る。
5.ひたひたの水が半分くらいになったら、カブを加えて1分程度煮詰め、さらにカブの葉も入れて1〜2分煮る。
6.お皿に盛り、炒り白ゴマをふって完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月11日の
「ごちそう豚バラひじき」

おしえて!うれしぴ レシピ 「玉ねぎソースの豚テキ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月7日の
「玉ねぎソースの豚テキ」


今日のおしえて!うれしぴは、千葉県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”豚肉を使った豪華なメニューを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「玉ねぎソースの豚テキ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはやわらかジューシーに仕上げる秘訣と、こんがり香ばしく仕上げるのがコツのレシピを教えてくれました。
リーズナブルな豚肉が豪華なメニューになります!
柔らかくジューシーかつ焼いてこんがり香ばしく仕上がります。
ボリュームもたっぷり食べ応え十分!
今日の「おしえて!うれしぴ」のケンタロウ先生、うれしぴ!だす仕草が面白いです!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
料理家のケンタロウ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.タマネギは水に10分程度さらしておく。
2.豚肩ロース肉は両面に格子状に切り目を入れる。
3.タマネギを水から出し、すり下ろしてボウルへ入れ、ショウガ、みりん、しょうゆ、バターを加えてさっと混ぜ合わせる。
4.フライパンにサラダ油、塩を入れて熱し、万能ネギを入れて強火でさっと炒めて取りだす。
5.フライパンにサラダ油を足し、豚肉を入れて、塩、黒コショウを入れて蓋をして、約3分程度かけて蒸し焼きにして、蓋を外して裏返し、さらに3分程度焼く。
6.余分な脂をふき取り、作って置いたソースを加えてさっと絡める。
7.お皿に豚肉を盛って、万能ネギをのせて残りのソースをかけ、黒コショウをふって完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月7日の
「玉ねぎソースの豚テキ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「豚みそ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月1日の
「豚みそ」


今日のおしえて!うれしぴは、埼玉県の25歳の女性の方からの質問でした。
質問は、”赤みそを使った料理があったら教えて!”
すみません、メモ出来ませんでした...。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「豚みそ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、旨味たっぷりに煮るポイントと、最後の仕上げで絶品の味に仕上げる豚みそのレシピを教えてくれました。
タマネギの旨味と甘みを活かして作るこの豚みそ、とっても美味しいんだそうですよ!
きっちり蓋のしまる厚手の鍋で、火力に注意しながら煮るのがコツですね。
なかなか使い道が思い浮かばない赤みそですが、今日のうれしぴを参考にたくさん使ってみてくださいね。
今日の「おしえて!うれしぴ」の加藤先生自慢の逸品です!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「胡豆昆」店主の加藤敏彦先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ボウルに赤みそ、酒、砂糖、みりん、しょうゆを入れてよく混ぜあわせておく。
2.鍋に薄切りタマネギを入れて、その上に豚バラ薄切り肉を平らに並べて、ニンニクを散らし、上のたれを全体にかける。
3.ぴったりと蓋をして火にかけ、中火弱で3〜4分程煮る。
4.蓋を外し、強火で箸でかき混ぜながら2分程度煮る。
5.お皿に盛りつけ、粉山椒、切り白ゴマをふりかけ、長ネギをのせて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月1日の
「豚みそ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「たっぷりキャベツの焼き餃子」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月30日の
「たっぷりキャベツの焼き餃子」


今日のおしえて!うれしぴは、鹿児島のペンネーム つばきちゃんさんからの質問でした。
質問は、”ベチャッとならないこんがりジューシーな餃子の作り方を教えて!”

今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「たっぷりキャベツの焼き餃子」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、外はこんがり!中はジューシーで、あんの作り方と焼き方にポイントがあるたっぷりにキャベツを使った餃子のレシピを教えてくれました。
なかなかおうちで作る餃子はうまくいかないこと多くないですか?私はよくべちゃっとなってしまいます。(汗)
そんな私のような人にぴったりの今日のうれしぴ、必見ですよ。
今日の「おしえて!うれしぴ」の中川先生、さすがってかんじです!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「天外天」総料理長の中川優先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ポリ袋にキャベツを入れて塩を加えてよくもんで、少し置いてからポリ袋の端を切って、水気を良く絞る。
2.ボウルに豚ひき肉・むきエビとショウガ、顆粒鶏ガラスープ、味噌、しょうゆ、ごま油、塩・砂糖・黒コショウを入れて粘りが出るまで手で良く混ぜ合わせて、ニラとキャベツを加えてさっと混ぜる。
3.餃子の皮に上のあんをのせて包む
4.フライパンにサラダ油を入れて熱し、包んだ餃子を1個ずつ間隔をあけて並べて1分弱程度焼く。
5.次に水を加えて蓋をして強火で約4分焼く。
6.フライパンの水がなくなったらサラダ油を回し入れて、お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月30日の
「たっぷりキャベツの焼き餃子」

おしえて!うれしぴ レシピ 「豚バラの梅酒煮」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月25日の
「豚バラの梅酒煮」


今日のおしえて!うれしぴは、福岡県のペンネーム 令ちゃんさんからの質問でした。
質問は、”梅酒を使った料理を教えて!”

今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「豚バラの梅酒煮」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、豚バラですが梅酒を使って作るので案外あっさり!で肉の表面を焼いて熱湯にくぐらせると余分な脂が取れて味がしみ込みやすくなるなどのテクニックを教えてくれました。
お子さんにも大人にも喜ばれる味に仕上がり、肉の柔らかさは絶品です!
あと、火の通し方は柔らかく仕上げる最重要ポイントですよ!
今日の「おしえて!うれしぴ」の加藤先生、とても楽しい方ですね♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「胡豆昆」店主の加藤敏彦先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.豚バラかたまり肉をフライパンに入るぐらいに4等分ぐらいに切る。
2.フライパンに豚肉を入れて、表面が色づくまでしっかりと2分程度焼く。
3.鍋に湯を沸かして、豚肉をさっとくぐらせて直ぐに取り出し、水気を切る。
4.フライパンの余分な脂をキッチンペーパー等でさっと拭き、豚肉と、ニンニク、梅酒、水、梅酒にはいった梅を入れて一煮立ちさせて蓋をして4〜5分程度煮る。
5.さらにしょうゆを加えて、時々肉を返しながらさらに中火で2分程度煮る。
6.フライパンから豚肉を取り出して、5分ほどおき粗熱を取り、薄切りにする。
7.お皿にタマネギを敷き、豚肉をのせて、フライパンに残ったタレをかけて、クレソンを飾って完成♪

↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月25日の
「豚バラの梅酒煮」

【休題】
注目している人のブログを紹介しますね。
★NEC所属の女子プロテニスプレーヤー、浅越しのぶさんのブログ
しのぶの奮闘記(ブログ)

★プロ編入試験に見事合格してプロ棋士となった瀬川晶司さんのブログ
瀬川晶司のシャララ日記

★女性囲碁棋士の梅沢由香里さんのブログ
梅沢由香里のつれづれ日記

よかったらチェックしてみてね♪

おしえて!うれしぴ レシピ 「ピリ辛レバニラ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月23日の
「ピリ辛レバニラ」


今日のおしえて!うれしぴは、大分県のペンネーム ななみさんからの質問でした。
質問は、”レバーを美味しく食べられる料理を教えて!”

今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ピリ辛レバニラ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、臭みが苦手な方も多いレバーを使った美味しいレバニラのレシピを教えてくれました。
私もレバー苦手なんですが、臭みがないんだったらこれ挑戦してみたいと思います!
レバーの臭みを取るテクニックが満載で、これだったら食べられるかも?
今日の「おしえて!うれしぴ」の中川先生、とっても丁寧に教えてくれますよね。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「天外天」総料理長の中川優先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.スライスした豚レバーを氷水で洗い、水気をよく拭く。
2.ボウルにレバーを入れて、ショウガの絞り汁、しょうゆ、片栗粉を加えて下味をつける。
3.別のボウルへ酒、砂糖、しょうゆ、鶏ガラスープ、酢、水溶き片栗粉、黒コショウを入れて混ぜてあわせ調味料を作る。
4.フライパンにサラダ油を入れて熱し、レバーを並べて入れて、両面を2〜3分焼いて、完全に火を通し、一旦取り出す。
5.フライパンを再度熱し、サラダ油を入れて豆板醤を加えて炒め、ニラ、長ネギを加えて炒め、さらにモヤシ、キクラゲも加えて炒め合わせる。
6.フライパンにレバーを戻し入れて、最後にあわせ調味料を加えて絡め合わせてお皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月23日の
「ピリ辛レバニラ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「豚バラとさつま揚げの味わい煮」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月17日の
「豚バラとさつま揚げの味わい煮」


今日のおしえて!うれしぴは神奈川県の新米主婦の方からの質問でした。
質問は、”お鍋ひとつで出来るボリュームたっぷりのメニューを教えて!”

今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「豚バラとさつま揚げの味わい煮」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、お鍋ひとつで短時間でボリューム満点のメニュー、食材の旨味を活かすコツとさつま揚げを加えるタイミングがポイントのレシピを教えてくれました。
豚肉の旨味がジャガイモへいい具合にうつり旨味がアップするそうです!
味わい煮というだけあり、食材の旨味を存分に味わえるそんなレシピですね。
今日の「おしえて!うれしぴ」の笹岡先生、井森さんの盛りつけにうれしぴ!を出していましたよ!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「笹岡」主人の笹岡隆次先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.野菜入りのさつま揚げを1cm幅に切る。
2.豚肉を2〜3cm幅に切る。
3.ジャガイモの皮をむいて千切りにして水にさらして水気を切る。
4.フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚肉を入れて1分程炒め、ジャガイモを加えて塩をふって炒める。
5.キャベツとシイタケを加えてさっと炒め、だし汁を加え、1〜2分煮て、みりんとしょうゆを加え、一煮立ちさせる。6.さつま揚げとキヌサヤを加えさっと煮て、お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月17日の
「豚バラとさつま揚げの味わい煮」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ズボラ流!豚の角煮」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月11日の
「ズボラ流!豚の角煮」


今日は東京都の村田真美さんからの質問に答える教えてうれしぴレシピ♪
質問は、”簡単に出来る豚の角煮の作り方を教えて!”

今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ズボラ流!豚の角煮」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、豚バラかたまり肉ではなく、薄切り肉を使った角煮の物レシピを教えてくれました。
土鍋の特性を活かし予熱でじわじわと味をしみ込ませるために、バスタオルで土鍋ごと包んじゃうというびっくり奥薗流!
これはほんと驚きの料理レシピです!
今日の「おしえて!うれしぴ」の奥薗先生の技にはいつも感心させられます。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
家庭料理研究家の奥薗嘉子先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ビニール袋に豚バラ薄切り肉に、はちみつ、しょうゆ、ショウガを入れて、手でよくもみ込んで下味をつける。
2.ビニール袋を切って広げ、豚肉を端から巻いてスパゲティで刺して止め、合計15個ぐらい作る。
3.土鍋に湯を沸かし、しょうゆ、酢を加え、豚肉を入れて蓋をして沸騰したら弱火で5分程度煮る。
4.ゆで卵を入れて蓋をして再び沸騰したら火を止める。
バスタオルの上に鍋敷きまたは新聞紙をたたんで置き、その上に土鍋ごと置いて包み、15分〜20分保温する。
5.土鍋を再び火にかけ、蓋を取り汁気を飛ばす。
6.フライパンにごま油を入れて熱し、チンゲンサイを入れて炒める。
7.お皿に豚肉を盛り、卵は縦半分に切って盛り、チンゲンサイを添え煮汁をかけ完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月11日の
「ズボラ流!豚の角煮」

おしえて うれしぴ レシピ 2007/5/1

おしえて うれしぴ レシピ 2007年5月1日の
「カラッとカツレツ」


今日は東京都の宮城いち子さんからの質問に答える教えてうれしぴレシピ♪
質問は、”少ない油で出来る美味しい揚げ物を教えて!”

今日のおしえて うれしぴ レシピは、
「カラッとカツレツ」でした。


今日のおしえて うれしぴ レシピは、少ない油でカラッと仕上がる美味しいカツレツのレシピを教えてくれました。
香味野菜を豚肉にサンドして風味を出したり、カラッと仕上げるポイントなどちょっとしたコツがあるんですね。
お洒落なつけ合わせもこのレシピのポイントのひとつです。
今日の「おしえてうれしぴ」の片岡先生と郁恵さんと井森さんとの会話が面白いです。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「アルポルト」オーナーシェフの片岡護先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.豚ヒレ肉を半分の厚さに開き、また閉じラップに挟んで空き瓶などで叩いて伸ばす。
2.ラップを開き塩・黒コショウで両面下味をつけ、中にも塩・黒コショウを少々とパルメザンチーズをふる。
3.器に長ネギ、ショウガ、大葉、しょうゆ、みりんを加えてよくかき混ぜ、開いた豚肉の上にのせサンドする。
4.豚肉に薄力粉、溶き卵、パン粉にまぶして平らにし、包丁の背で格子状に切り目を入れる。
5.フライパンにオリーブオイル、バターを入れて熱し、カツレツを入れて回しながら両面を3,4分程度焼く。
6.パルメザンチーズを豚肉の上からふり、豚肉を取り出し、パセリをふる。
7.ボウルへキュウリ、セロリ、オリーブオイル、バルサミコ酢、レモン汁、塩・黒コショウを加えて混ぜ合わせつけ合わせ野菜を作る。
8.食べやすい大きさに切って、お皿へ盛りつけ、つけ合わせの野菜をのせて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえて うれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて うれしぴ レシピ 2007年5月1日の
「カラッとカツレツ」

おしえて うれしぴ レシピ 2007/4/23

おしえて うれしぴ レシピ 2007年4月23日の
「黒酢の酢豚」


今日は東京都の山川厚子さんからの質問に答える教えてうれしぴレシピ♪
質問は、”黒酢をつかったお料理を教えて!”

今日のおしえて うれしぴ レシピは、
「黒酢の酢豚」でした。


今日のおしえて うれしぴ レシピは、酢豚をカリッとした食感に仕上げるポイントやレモン汁で味に深みをだすレシピを教えてくれました。
あんを作るときに火を止めて混ぜ合わせながら片栗粉でとろみつけるのも、このレシピのポイントですね。
今日の「おしえてうれしぴ」の栖原先生、とってもまじめな感じで教えてくれていましたよ。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「龍園」オーナーシェフの栖原一之先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.豚肩ロースかたまり肉をフォークで筋切りし、食べやすい大きさに切る。
2.ボウルに豚肉を入れて、塩・黒コショウで下味をつけ、溶き卵も入れて混ぜ合わせながら、コーンスターチ、片栗粉を入れてしめる。
3.170〜180℃の油で3分程度揚げる。
4.火のついていないフライパンに砂糖、しょうゆ、黒酢を入れて一煮立ちし、レモン汁を加え火を止める。
5.水溶き片栗粉を加えながら火をかけとろみをつけてあんを作る。
6.豚肉を入れてさっと混ぜ合わせる。
7.お皿にサニーレタス、白髪ネギをのせ、上に酢豚を盛り、赤・黄・緑パプリカを上にのせて完成♪


今日のおしえて うれしぴレシピで紹介の黒酢の酢豚では、カリッと食感よく仕上げるポイントやレモン汁で本格的な味にする方法を教えてくれました。
コーンスターチとレモン汁美味しく仕上げるポイントですね。
この酢豚ならたくさん食べられそうですので、早速作ってみようと思います!


お料理のお悩みがあったら、フジテレビ「おしえて うれしぴ」宛てに質問するといいですよ。
採用されたら何かいいもの貰えるみたいです。。。


↓おしえて うれしぴ レシピ詳細は、ESSE6月号から掲載です!
お得なESSE年間購読はこちらから♪


おしえて うれしぴ レシピ紹介 2007年4月23日
『黒酢の酢豚』


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえて うれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて うれしぴ レシピ 2007年4月23日の
「黒酢の酢豚」

おしえて うれしぴ レシピ 2007/4/16

おしえて うれしぴ レシピ 2007年4月16日の
「豚肉のショウガ焼き」


今日は神奈川県の落合仲子さんからの質問に答える教えてうれしぴレシピ♪
質問は、”簡単に出来る豚肉のメニューを教えて!”

今日のおしえて うれしぴ レシピは、
「豚肉のショウガ焼き」でした。


今日のおしえて うれしぴ レシピは豚肉の定番メニューの豚肉のショウガ焼きを超簡単に風味よく味わい深く仕上げるレシピを教えてくれましたよ。
焼き方にポイントがあり、とても簡単ですね。
今日の「おしえてうれしぴ」ほんと食欲そそります。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「菊乃井」主人の村田吉弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ボウルにしょうゆ:酒:みりん=1:1:1として入れる。
2.ショウガ、長ネギ、ニンニクを加え、混ぜ合わせる。
3.フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚肩ロース肉を入れて1分程度焼き、一旦取り出す。
最後にたれをからめて火を通すので、表面をさっと焼く程度にしておく。
4.豚肉を戻し入れ、たれを入れ2分ぐらいからめて焼く。
5.ボウルにレタス、カイワレ、青ジソを加えて混ぜ混ぜする。
6.お皿に野菜類を盛り、その上に豚肉をのせ、タレを上からかけ、白いりゴマをふって完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえて うれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて うれしぴ レシピ 2007年4月16日の
「豚肉のショウガ焼き」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。