スポンサードリンク
豆乳おからクッキーダイエットに最近興味がある主婦dellyがお伝えする、おしえて!うれしぴ レシピで簡単料理!へようこそ♪

おしえて!うれしぴ レシピ 「トリプルHappy!手巻き寿司」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月31日の
「トリプルHappy!手巻き寿司」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、埼玉県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”ちょっと変わった手巻き寿司のネタを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「トリプルHappy!手巻き寿司」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、3種類の手巻き寿司アレンジネタで、簡単一工夫で美味しさアップするレシピを教えてくれました。
カレー粉+オイスターソースでごはんと合う味に、最後のHappy!寿司ネタ納豆マグロはこれまたバッチリなレシピ。
わいわい楽しくホームパーティなどのおもてなし料理にはピッタリな手巻き寿司です。
具の、カレーそぼろ・カニアボガド・マグロ納豆の3種類は、いつもと違ってオシャレですね。
今日の「おしえて!うれしぴ」のケンタロウ先生、アイデアにはいつもヒネリが効いてます♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「料理家」のケンタロウ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.カレーそぼろを作る。
サラダ油をフライパンに入れて熱して、みじん切り玉ねぎを入れて1分程度炒めて、合い挽き肉を加えて、塩・黒コショウをふり、ぽろぽろになるまで1,2分程炒め、次にカレー粉を加えて粉っぽさがなくなるまで炒めて、酒、しょうゆ、みりん、オイスターソースを加えてさっと炒める。
2.カニアボガドを作る。
アボガドを縦半分に切って、皮と種を除いて1cm角に切り、ボウルに種と一緒に入れて、レモンの絞り汁、クリームチーズ、練りワサビ、しょうゆ、マヨネーズ、カニ缶を加えて混ぜる。
3.マグロ納豆を作る。
刺身用のマグロを1cm角に切って別のボウルへ入れて、白・黒いりゴマ、たくあん、納豆、しょうゆを加えて混ぜ合わせる。
4.焼き海苔にすし飯をのせて、カレーそぼろ、カニアボガド、マグロ納豆をそれぞれのせて、万能ネギものせて巻き、お好みでしょうゆをつけていただきます♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月31日の
「トリプルHappy!手巻き寿司」

おしえて!うれしぴ レシピ 「梅風味のうなキューのり巻き」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月15日の
「梅風味のうなキューのり巻き」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、新潟県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”失敗ばかりの巻物を上手に巻けるコツを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「梅風味のうなキューのり巻き」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、失敗しないのり巻きの作り方&裏技、夏にピッタリのさっぱりご飯のレシピを教えてくれました。
絶対失敗しない巻き方、必見!ご飯が外側になる裏巻きも披露のレシピ。
ウナギの蒲焼き・キュウリ・厚焼き卵が入った豪華なのり巻きですね。
この巻き方をマスターしたら巻物好きになるかも?
今日の「おしえて!うれしぴ」の門脇先生、久しぶりの登場です♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「かどわき」主人の門脇俊哉先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.市販品うなぎの蒲焼きを長さ半分に切り、さらに縦3等分に切って、耐熱容器に入れてラップをして電子レンジ500Wで約1分加熱する。
2.すし酢を作る。
酢、砂糖、塩をボウルに入れてさっと混ぜる。
3.飯台などに温かいご飯3合分を入れて、すし酢を入れてしっかり混ぜて、梅干し、いり白ゴマを加えて混ぜ合わせる。
4.焼き海苔を巻きすにのせ、その上に2〜3cmほどののりしろを残して酢飯を広げて青ジソ、市販品の厚焼き卵、ウナギの蒲焼き、キュウリをのせて、端から一気に巻く。計2本作る。
5.ご飯が外側になる裏巻きを作る。
別の巻きすにラップを敷いて、上に焼き海苔をひろげて酢飯をのせて、裏返ししてご飯を下にして青ジソ、厚焼き卵、蒲焼き、残りのキュウリをのせて、端から巻く。
6.包丁を濡れふきんでぬらして、のり巻きと裏巻きを切ってお皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月15日の
「梅風味のうなキューのり巻き」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ワザあり!オクラカレー」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月10日の
「ワザあり!オクラカレー」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、熊本県ペンネームみゆみゆさんからの質問でした。
質問は、”ワンパターンにならないインパクトのあるカレーを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ワザあり!オクラカレー」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、オクラが主役のいつもと違う、スパイス要らずで短時間で仕上がるカレーのレシピを教えてくれました。
旨味アップの秘密が盛りだくさん、ウスターソースで手軽に本格カレーのレシピ。
オクラ・干しシイタケ・昆布といつもと違った食材が入ったカレーは、トマトの水分だけで作ります。
隠し味のスパイスはウスターソースがポイントですね。
今日の「おしえて!うれしぴ」の奥薗先生、久しぶりの登場で、張り切ってうれしぴ!連発でした!(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「家庭料理研究家」の奥薗壽子先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.オクラのへたを取り、3等分の長さに切る。
2.フライパンにオリーブオイルを入れて熱して、ニンニクを入れて香りが出るまで炒めて、薄切り玉ねぎを加えて2分ほど炒める。
3.合い挽き肉を加えて炒めて、肉の色が変わってきたらカレー粉半量を加えて、炒め合わせる。
4.1×10cmの昆布をキッチンばさみで細切りにしながら加えていき、干しシイタケを手でちぎりながら入れて、ざく切りトマト、切ったオクラの半分量を入れて、蓋をして弱火で約5分程度煮る。
5.さらに、塩、ウスターソース、しょうゆ、カレー粉半量、残りのオクラを加え蓋をして約1分程度にる。
6.お皿にご飯を盛り、カレーをかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月10日の
「ワザあり!オクラカレー」

おしえて!うれしぴ レシピ 「いきなり2日目のビーフカレー」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月6日の
「いきなり2日目のビーフカレー」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???さんからの質問でした。
質問は、”???を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「いきなり2日目のビーフカレー」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは作りたてより2日目の方が美味しいカレーの法則?を一歩進めて、赤みそでいきなり2日目のカレーに、そしてケンタロウ先生が一昨年くらいに発見したというニラを最後に入れる、あっと驚くレシピを教えてくれました。
作りたてより2日目の方が美味しいという原則?に基づき、いきなり2日目の味を出しちゃって、そしてあの野菜を入れることで食感もアップするレシピ。
赤みそを入れてコクを出すのが、いきなり2日目の秘密ですね!
仕上げ前に入れるニラが、また食感よくいい味出します♪
今日の「おしえて!うれしぴ」のケンタロウ先生、毎度ひねりが効いてます!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
料理家のケンタロウ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.牛切り落とし肉を長ければ食べやすい大きさに切る。
2.鍋にサラダ油を入れて熱し、薄切り玉ねぎを入れて良く炒めたら、牛肉をいれて炒める。
3.そこへしめじを入れて炒めて、赤パプリカを入れて更に炒めて、水を加えて蓋をしないで20分程度煮る。
4.火を止めて、中辛カレールーを入れて溶かして再度火をつけて赤みそを溶かしながら入れて1,2分煮る。
5.さらにニラを入れて、一煮立ちさせる。
6.お皿にご飯を盛って、カレーをかけて完成♪

↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月6日の
「いきなり2日目のビーフカレー」

おしえて!うれしぴ レシピ 「和風とろろビビンバ&梅昆布おすまし」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月5日の
「和風とろろビビンバ&梅昆布おすまし」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???さんからの質問でした。
質問は、”とろろ昆布を使ったメニューを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「和風とろろビビンバ&梅昆布おすまし」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはとろろがたっぷりでヘルシーなスタミナ丼と、さらにとろろ昆布で超簡単おすましのレシピを教えてくれました。
とろとろ食材のオンパレードでヘルシー!&旨味たっぷり超簡単おすましのレシピ。
しば漬けが入ったご飯の上にたっぷりとろろ昆布、とろろ、オクラと、とろとろ三昧!
温泉卵を崩してぐちゃぐちゃにして混ぜ混ぜしていっただきま〜す♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の井森さんと郁恵さんの衣装、色違いで合わせてあって可愛いです!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「菊乃井」主人の村田吉弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


【和風とろろビビンバ】
1.鍋に塩を加えてお湯を沸かし、オクラを入れて1,2分茹でて水気を除き、小口切りにして包丁で叩いて塩を混ぜる。
2.長芋の皮をむき、酢水にさらして水気を拭いてすりおろして、塩を混ぜる。
3.しば漬けご飯を作る。ボウルにご飯、炒り白ゴマ、みじん切りにしたしば漬け、しょうゆを入れて混ぜ合わせる。
4.器に、しば漬けご飯を盛り、とろろ昆布を敷いて、すり下ろした長芋をかけ、その上にオクラ、ミョウガ、青ジソをのせて、温泉卵をのせたて完成♪


【梅昆布おすまし】
1.器に、とろろ昆布、種を除いた梅干し、しょうゆを入れて、お湯を注ぎ入れて、小口切り万能ネギを散らして完成♪

↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月5日の
「和風とろろビビンバ&梅昆布おすまし」

おしえて!うれしぴ レシピ 「お手軽アサリのリゾット」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月19日の
「お手軽アサリのリゾット」


今日のおしえて!うれしぴは、???からの質問でした。
質問は、”???”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「お手軽アサリのリゾット」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはお米からではなく炊いたご飯でつくるアサリと野菜のうま味がたっぷりの簡単リゾットのレシピを教えてくれました。
あのいやな砂の食感を取り除くための秘訣、アサリと野菜のうま味を活かす方法のレシピ。
お米からでなく、残りご飯とか炊いたご飯を使うので、簡単ですね。
アサリから出るだしは絶品ですよね〜!
今日の「おしえて!うれしぴ」の落合先生、郁恵さんに味見をさせてましたが、熱くて郁恵さん涙目に。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「ラ・ベットラ」オーナーシェフの落合務先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.殻つきアサリの砂だしをしておく。
2.深めのフライパンまたは鍋にアサリとタマネギ、グリーンアスパラ、ズッキーニを入れて、さらに水を加えて、蓋をしてアサリの殻が開くまで2,3分蒸し煮する。
3.アサリをザルに取り出し、アサリの殻を取り除き、蒸し汁はペーパータオルでこして再度フライパンに戻し入れる。
4.フライパンにご飯を加えて、塩を入れて少し煮てアサリの身と野菜類を加える。
5.様子を見ながら水分が足りなそうならば、水を加えて調整して、バターを散らしてなじませる。
6.火を止め、ルッコラを加えてざっと混ぜてお皿に盛りつけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月19日の
「お手軽アサリのリゾット」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ウインナーとジャコの混ぜご飯」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月31日の
「ウインナーとジャコの混ぜご飯」


今日のおしえて!うれしぴは、れおママ?さんからの質問でした。
質問は、”???を教えて!”
すみません、メモ出来ませんでした...。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ウインナーとジャコの混ぜご飯」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、旨味たっぷりなだし汁を吸ったご飯が絶品!ウインナーソーセージを使ったふんわり混ぜご飯のレシピを教えてくれました。
なかなかご飯を食べてくれないとお悩みのママさんにはぴったりなレシピですね。
見た目にも美味しいそうで栄養のバランスもGOOD!きっとたくさん食べてくれるかもしれませんね。
また、食欲のない時にもさっと食べられそうですね。
今日の「おしえて!うれしぴ」の笹岡先生、こんな簡単でいいんですか?(笑)


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「笹岡」主人の笹岡隆次先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ウインナーソーセージを粗みじん切りに切る。
2.フライパンにサラダ油を入れて熱し、ソーセージを入れて良く炒めて、インゲン、ニンジンも加えて炒める。
3.ちりめんジャコと長ネギを加えてさっと炒め合わせる。
4.だし汁と酒を加えて約1分程度加熱して、塩で味を整える。
5.ボウルにご飯を入れて上の具材を加えてざっくりと混ぜ合わせてから器に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月31日の
「ウインナーとジャコの混ぜご飯」

おしえて うれしぴ レシピ 2007/5/7

おしえて うれしぴ レシピ 2007年5月7日の
「レタスチャーハン」


今日は東京都の冨士山徹さんからの質問に答える教えてうれしぴレシピ♪
質問は、”チャーハンをパラパラにする方法を教えて!”

今日のおしえて うれしぴ レシピは、
「レタスチャーハン」でした。


今日のおしえて うれしぴ レシピは、チャーハンをパラパラに仕上げる炒め方とレタスのシャキシャキ感を活かすポイントなどノウハウ満載のレシピを教えてくれました。
使うご飯の特徴や炒め方にポイントがあるんですね。
これはぜひマスターしておきたいレシピです!
今日の「おしえてうれしぴ」の栖原先生、ノウハウ一杯出してくれましたよ。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「龍園」オーナーシェフの栖原一之先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.レタスを幅1cm程度に切る。
2.ベーコンを幅5mm程度に切る。
3.フライパンにサラダ油を入れて熱し、溶き卵を入れ半熟状になるまで加熱する。
4.卵が半熟状のうちに、ご飯を入れておたまの背で押しほぐしながら3,4分炒める。
5.ベーコン、長ネギを入れて炒め、塩を加える。
6.しょうゆを加えてかき混ぜ、コショウをふり、レタスを加えてさっと炒め、お皿へ盛りつけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえて うれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて うれしぴ レシピ 2007年5月7日の
「レタスチャーハン」

おしえて うれしぴ レシピ 2007/5/4

おしえて うれしぴ レシピ 2007年5月4日の
「10分で和風ポークカレー」


今日は福岡県のペンネーム さおりさんからの質問に答える教えてうれしぴレシピ♪
質問は、”ひと味違った美味しいカレーを教えて!”

今日のおしえて うれしぴ レシピは、
「10分で和風ポークカレー」でした。


今日のおしえて うれしぴ レシピは、水溶きカレー片栗粉なるものと和風のポイントとなる材料として昆布・油揚げ・鰹節を使い、うま味がアップするレシピを教えてくれました。
ショウガをのせることもポイントですね。
こんなに簡単に10分でカレーが出来なんて驚きですね!
今日の「おしえてうれしぴ」の奥薗先生レシピにはいつも驚かされます。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
家庭料理研究家の奥薗壽子先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.フライパンに水を入れて、昆布を細切りにして加えて一煮立ちさせる。
2.豚肩ロース薄切り肉を食べやすい大きさに切り、ビニール袋に入れて、塩を加えてよくもみこみ、フライパンに入れ3〜4分煮る。
3.アクをとり、タマネギ、キャベツ、油揚げを加えて蓋をして、沸騰したら5分程度煮る。
4.片栗粉、カレー粉、水を加えて水溶きカレー片栗粉をつくる。
5.フライパンにみりん、しょうゆを入れて一煮立ちさせ、鰹節を加えて混ぜ合わせる。
6.強火にして、混ぜ合わせながら水溶きカレー片栗粉を加える。
7.ご飯にカレーをかけ、ショウガ、万能ネギをのせて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえて うれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて うれしぴ レシピ 2007年5月4日の
「10分で和風ポークカレー」

おしえて うれしぴ レシピ 2007/5/3

おしえて うれしぴ レシピ 2007年5月3日の
「ウナギのおいなりさん」


今日は滋賀県のペンネーム みずきさんからの質問に答える教えてうれしぴレシピ♪
質問は、”油揚げはどうやって油抜きするのがいいの?”

今日のおしえて うれしぴ レシピは、
「ウナギのおいなりさん」でした。


今日のおしえて うれしぴ レシピは、ウナギと相性バッチリなキュウリで美味しさがアップして市販のおやつ甘栗を加えることで食感もアップするレシピを教えてくれました。
意外な食材とひねりがが加わえることがポイントなんですね。
こんな変わったおいなりさん食べてみた〜い!
今日の「おしえてうれしぴ」の笠原先生、井森さんに早々に”かなしぴ”出してました。(笑)


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「賛否両輪」店主の笠原将弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ウナギの蒲焼きを細切りにする。
2.洗ったお米に水、ウナギの蒲焼きのタレ、酒を加え、ウナギを入れて炊飯する。
3.油揚げをペーパータオルではさんで押さえつけ油抜きする。
4.箸などで転がし油揚げを開きやすくし、2等分にする。
5.鍋にだし汁を入れて沸かし、砂糖、しょうゆを加えて、油揚げを入れ、落とし蓋をして15分程度煮て粗熱をとる。
6.薄切りにしたキュウリに塩をふってもみ、水気を切る。
7.ご飯をほぐし、寿司酢を回しいれ、切るように混ぜ合わせる。
8.キュウリをご飯に混ぜ、刻んだ甘栗を加え混ぜ合わせる。
9.油揚げにご飯を詰めて、2等分してお皿に盛り、ショウガの酢漬けを添えて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえて うれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて うれしぴ レシピ 2007年5月3日の
「ウナギのおいなりさん」

おしえて うれしぴ レシピ 2007/4/17

おしえて うれしぴ レシピ 2007年4月17日の
「味わいアサリご飯&わかめスープ」


今日は福岡県のみゆきのママさんからの質問に答える教えてうれしぴレシピ♪
質問は、”美味しい炊き込みご飯の作り方を教えて!”

今日のおしえて うれしぴ レシピは、
「味わいアサリご飯&わかめスープ」でした。


今日のおしえて うれしぴ レシピは絶対美味しいアサリの炊き込みご飯を簡単にうま味たっぷりに仕上げるレシピに加え、相性抜群コクと風味が絶品のわかめスープも一緒に教えてくれましたよ。
炊き込みご飯のルール覚えておくと役立ちますよ、きっと。
今日の「おしえてうれしぴ」とっても食べたいので早速作ろうと思います。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「胡豆昆」店主の加藤敏彦先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ボウルに砂抜きしたアサリを入れて、塩を加え、もみ洗う。
2.洗ったアサリを手で持ってザルへ移し、さらに水でさっと洗う。
3.鍋にアサリを入れて、酒を入れて蓋をして殻が開くまで約3分蒸し煮する。
4.ザルにペーパータオルを敷いてこしながらアサリを取り出し、蒸し汁に水を加えて3カップにし、顆粒和風だし、しょうゆ、塩、みりんを加えてよく混ぜ、洗っておいた米3合の中へ入れて炊く。
5.アサリの身を殻からとる。
6.わかめスープを作る。
ごま油を鍋に入れて火にかけ、塩抜きした生わかめを加えてさっと炒め、湯を入れ、顆粒鶏ガラスープ、塩、しょうゆを加え、黒コショウを加えて、切り白ゴマをふる。
7.ご飯が炊けたら、アサリを入れ、ショウガ、三つ葉を入れてよく混ぜて茶碗に盛り、もみのりをのせ、わかめスープを別添えして完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえて うれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて うれしぴ レシピ 2007年4月17日の
「味わいアサリご飯&わかめスープ」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。