スポンサードリンク
豆乳おからクッキーダイエットに最近興味がある主婦dellyがお伝えする、おしえて!うれしぴ レシピで簡単料理!へようこそ♪

おしえて!うれしぴ レシピ 「たっぷり野菜の豆乳煮&カブの葉即席漬け」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月25日の
「たっぷり野菜の豆乳煮&カブの葉即席漬け」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、北海道の方からの質問でした。
質問は、”肉を使わないでコクたっぷりの料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「たっぷり野菜の豆乳煮&カブの葉即席漬け」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、肉を使わないのにコクたっぷりの、豆乳とある調味料でコクを出すレシピを教えてくれました。
コクが出る調味料を教えてくれて、豆乳煮をさらにコクアップして野菜だけでもとっても美味しいレシピ。
肉が入っていないのにコクがあり満足できる野菜の煮物です!!!
豆乳・練りゴマ・ごま油がコクのかぎを握っています。
今日の「おしえて!うれしぴ」の笠原先生、いつもと違った味の煮物と簡単漬け物を教えてくれました!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「賛否両論」店主の笠原将弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


【たっぷり野菜の豆乳煮】
1.鍋にだし汁、里芋、乱切りニンジンを入れて、柔らかくなるまで8〜10分煮る。
2.カブ、シイタケ、エノキダケと、調整豆乳、練り白ゴマ、薄口しょうゆ、みりんを加えて、落とし蓋をしてアクを除きながら8〜9分程度煮る。
3.ごま油を回し入れて、お皿に盛って完成♪


【カブの葉即席漬け】
1.ポリ袋にみじん切りにしたカブの葉を入れて、塩を加えてもんで、少し置いたら水分をしっかり絞る。
2.ボウルにカブの葉を入れて、いり白ゴマ、鰹節、ごま油、しょうゆ、塩を加えてざっと混ぜて、お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月25日の
「たっぷり野菜の豆乳煮&カブの葉即席漬け」

おしえて!うれしぴ レシピ 「野菜たっぷりチャプチェ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月21日の
「野菜たっぷりチャプチェ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???からの質問でした。
質問は、”野菜たっぷりの料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「野菜たっぷりチャプチェ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、野菜がたっぷりと盛り込んだ、野菜と春雨お炒めもの韓国料理チャプチェのレシピを教えてくれました。
野菜の炒め方が最大のポイント、野菜がいっぱいのうま味がでるレシピ。
チャプチェっていうのは春雨と野菜の炒め物の韓国料理です。
火の通り具合によって具を別々に炒めて最後に全体に合わせるのがポイントですね。
今日の「おしえて!うれしぴ」の加藤先生、ファンの方からのリクエストでした!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「胡豆昆」店主の加藤敏彦先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.牛切り落とし肉を細切りにしてボウルに入れて、みじん切りショウガ・ニンニク・豆板醤、すり白ゴマ・砂糖・しょうゆを加えて手でよくもみ込む。
2.鍋にお湯を沸かして、緑豆春雨を食べやすい長さに切って入れて茹でて、ザルに上げてお湯を切る。
3.フライパンにサラダ油・ごま油を入れて熱して、千切りニンジン、薄切り水煮タケノコ、斜め薄切りセロリを入れて、塩・黒コショウをふり炒めて、別の大きめのボウルに入れる。
4.またフライパンにサラダ油・ごま油を入れて熱し、ひげ根を除いたモヤシを入れて、塩・黒コショウをふりさっと炒めて、上のボウルへ入れる。
5.またまたフライパンにサラダ油・ごま油を入れて熱して、斜め薄切りインゲンを入れて、塩・黒コショウをして炒めて、薄切りシイタケも加えてさっと炒めて、上のボウルに加える。
6.フライパンにサラダ油を入れて熱して、牛肉を入れて炒めて、春雨を加えて炒め合わせて上のボウルに加える。
7.ボウルにみじん切り長ネギ、すり白ゴマ・しょうゆ、砂糖を加えて、全体に味が馴染むようによく混ぜてお皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月21日の
「野菜たっぷりチャプチェ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「彩り野菜と春雨の蒸し煮」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月18日の
「彩り野菜と春雨の蒸し煮」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???からの質問でした。
質問は、”???を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「彩り野菜と春雨の蒸し煮」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、ナスを美味しく仕上げる方法、春雨を超簡単に調理して野菜のうま味を引き出すレシピを教えてくれました。
ナスを美味しく仕上げるポイント、うま味たっぷりの秘密のレシピ。
フライパンに、ナス・シメジ・長ネギ・パプリカ・戻さないままの春雨をのせて合わせ調味料をかけ蓋をして蒸し煮するだけ!
超簡単!野菜のうま味とガーリック風味でスタミナもつきそうですね。
今日の「おしえて!うれしぴ」の笠原先生、”まじぇまじぇしてください”って言ってました!(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「賛意両論」店主の笠原将弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ナスのへたを取り皮をむいて縦8等分に切る。
2.合わせ調味料を作る。
ボウルにしょうゆ、砂糖、味噌、ニンニク、水、酒、一味唐辛子を入れて混ぜ合わせる。
3.フライパンにナス、シメジ、長ネギ、赤パプリカを順に並べて重ね入れて、その上から緑豆春雨を戻さないまま広げてのせる。
4.そこへ合わせ調味料を回しかけて、蓋をして強火で一煮立ちさせたら弱火にして、15分程度蒸し煮にする。
5.お皿に盛りつけ、小口切り万能ネギを散らして完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月18日の
「彩り野菜と春雨の蒸し煮」

おしえて!うれしぴ レシピ 「肉よりうまい野菜丼」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月5日の
「肉よりうまい野菜丼」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、栃木県の裕美さんからの質問でした。
質問は、”ヘルシーで飽きのこない丼メニューを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「肉よりうまい野菜丼」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、野菜のうま味で肉がなくても美味しい、短時間で出来る食べ応えたっぷりのどんぶりのレシピを教えてくれました。
ヘルシーだけど美味しい理由、しょうゆを加えてごはんに合う味にするのがポイントのレシピ。
女性にも喜ばれるヘルシーなどんぶりは、野菜から出るうま味だけのシンプルな味。
野菜の美味しさを再認識できる、そんな感じの仕上がりに!
今日の「おしえて!うれしぴ」のコウケンテツ先生、相変わらずイケメンです♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「料理研究家」のコウケンテツ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ごま油をフライパンに入れて熱して、乱切りにしたナスを入れてさっと炒めて、ごま油を足し、玉ねぎも入れて炒めて、ニンニクも加えて炒める。
2.シイタケを加えて、足りないようならまたごま油を足して炒め、くし形切りトマトも加えて、塩、黒コショウをふり、さっと炒めて蓋をして、弱火で2,3分程度蒸し煮する。
3.しょうゆ・いり白ゴマを加えてざっと混ぜる。
4.どんぶりにごはんを盛り、具を等分にしてのせて、小口切り万能ネギを散らして完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月5日の
「肉よりうまい野菜丼」

おしえて!うれしぴ レシピ 「うま味たっぷり八宝菜」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月4日の
「うま味たっぷり八宝菜」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、東京都の女性の方からの質問でした。
質問は、”水溶き片栗粉で上手にとろみをつける方法を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「うま味たっぷり八宝菜」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、失敗なしのとろみづけでお店の味に、食材のうま味を活かすテクニックなど魅力満載のレシピを教えてくれました。
食材のうま味を活かすテクニック、絶対失敗しないとろみのつけ方がポイントのレシピ。
八宝菜は五目うま煮とも言われていて、たっぷりの具材を油で炒め合わせ、とろみをつけた中国料理です。
野菜類はよく炒めてしっかりとうまみを引き出すととっても美味しい仕上がりに!
今日の「おしえて!うれしぴ」の中川先生、中華の魅力をさくっと教えてくれちゃいます♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「天外天」総料理長の中川優先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.豚バラ薄切り肉を3cm幅に切る。
2.サラダ油をフライパンに入れて、薄切りショウガ、斜め薄切り長ネギを入れて香りが出るまで炒める。
3.豚肉を加えて1分程度炒めて、スルメイカの皮を除いて一口大に切って加えて炒め、薄いくし形切りチンゲンサイの茎の部分と薄切りニンジン、薄切り水煮タケノコ、薄切り白菜を加えて炒める。
4.鶏ガラスープを加えて、水で戻したキクラゲを入れ、水煮ウズラの卵、酒を加え、3分程度煮る。
5.チンゲンサイの葉の部分をざく切りにして加え、しょうゆ、砂糖、オイスターソース、黒コショウを入れて煮る。
6.火を止めて、水溶き片栗粉をまず少な目に加えて、強火で加熱して煮だたせ、とろみ加減を調整しながら足していく。
7.鍋肌からサラダ油を回し入れて、さっと煮てお皿に盛り完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月4日の
「うま味たっぷり八宝菜」

おしえて!うれしぴ レシピ 「おウチで本格麻婆ナス」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月7日の
「おウチで本格麻婆ナス」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、神奈川県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”麻婆ナスが油っぽくならない作り方を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「おウチで本格麻婆ナス」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、ナスがベチョッとしない調理法で、油っぽくなく食感のよい簡単だけど本格的な麻婆ナスのレシピを教えてくれました。
ナスがべちゃっとならない方法、本格麻婆のレシピ。
暑い夏にはピリ辛の本格麻婆ナスで夏バテしないで乗り切りましょう。
ご存じ中華の鉄人、アノ陳建一先生が、うれしぴ!初登場です♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の陳建一先生、混ぜてるとき小指を立てる様子を、「優しさが伝わるでしょ?」と(笑


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「四川飯店」オーナーシェフの陳建一先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.へたを鉛筆削りのように切り皮を縦に縞目に3カ所ほどピーラーなどでむいたナスを一口大の乱切りにする。
2.ボウルに上のナスとコーンスターチを入れて全体にまぶす。
3.深めのフライパンにサラダ油を入れて180℃に熱して、ナスを入れて揚げ、揚がったら油を良く切る。
4.フライパンのサラダ油を少し残して熱して、豚ひき肉を入れて炒めたら火を止めて、みじん切りショウガ・ニンニク、豆板醤・甜面醤を加えて再び火にかけて炒め合わせる。
5.火を止めて鶏ガラスープを加えて、揚げたナスも入れて再度火にかけて絡める。
6.さらに砂糖、酒、しょうゆ、みじん切り長ネギ、白コショウの順番に加えて、水溶き片栗粉でとろみをつけて、酢を仕上げに加えてざっと混ぜ、お皿に盛って完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月7日の
「おウチで本格麻婆ナス」

おしえて!うれしぴ レシピ 「夏野菜の揚げびたし」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月12日の
「夏野菜の揚げびたし」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???さんからの質問でした。
質問は、”野菜をたくさん取れる料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「夏野菜の揚げびたし」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは暑い夏の食欲のない時でもOKな、これしかない!といわんばかりの夏野菜たっぷりのレシピを教えてくれました。
揚げ物なのにさっぱりのコツ、ヘルシーなのに大満足な夏らしい涼しげなレシピ。
ナスやかぼちゃなど夏野菜を揚げてから漬け汁に浸して冷やしていただきます。
大根おろしで、さっぱりと涼しげに仕上がるので、食欲をそそりますね♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の村田先生の教えてくれる調味料の割合は覚えておくと重宝ですね♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「菊乃井」主人の村田吉弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ナスを縦半分に切って、皮目に斜めに切り目を入れる。
2.バットにだし汁、砂糖、しょうゆを入れて混ぜ合わせる。
砂糖をつかった合わせ地は、だし汁:しょうゆ:砂糖=5:1:0.5
3.鍋に揚げ油を入れて170℃にして、薄切りレンコン、薄いくし形切りかぼちゃを約2分素揚げして、取り出して油を切り、漬け汁に入れる。
4.インゲン、シシトウも揚げ油に加えてさっと素揚げし、取り出して油を切り、漬け汁に入れる。
5.さらにナスを皮面から揚げ油へ入れて、途中で裏返して2〜3分程度素揚げして、取り出して油を切る。
6.油を切ったナスも漬け汁へ加えて、大根おろしを全体に蓋をするようにのせて七味唐辛子をふる。
7.バットごと冷蔵庫へ入れて、20〜30分程冷やしてから取り出してお皿に盛り、だし汁をたっぷりかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月12日の
「夏野菜の揚げびたし」

おしえて!うれしぴ レシピ 「たっぷり夏野菜の塩炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月3日の
「たっぷり夏野菜の塩炒め」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、埼玉県の27歳女性の方からの質問でした。
質問は、”家にある調味料で出来る簡単な中華の炒め物の料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「たっぷり夏野菜の塩炒め」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは家にありそうな調味料だけで作る本格中華、塩味が夏にぴったりのレシピを教えてくれました。
油を吸いすぎないナスの炒め方、塩炒めの味付けのポイン等と、夏にぴったりの美味しいレシピ。
野菜はサラダ油を加えて茹でることでコーティングされてうま味を閉じこめて逃がしません。
野菜からの水分がでるので、味は濃いめの塩味を作ってから一気に仕上げることがポイントですね!
今日の「おしえて!うれしぴ」の井森さん、フライパンさばきが上手になってきましたね!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「龍圓」オーナーシェフの栖原一之先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.鍋にお湯を沸かして、塩・サラダ油を入れて、乱切りにしたグリーンアスパラ、トウモロコシの粒のみを入れて茹でる。
2.トウモロコシの固さを確認してOKなら、赤パプリカ、キュウリも加えてさっと茹で、同時にザルへ上げる。
3.フライパンにサラダ油を入れて熱し、乱切りにしたナスを入れてさっと炒めて取り出す。
4.火を止めて、余分な油を除き、サラダ油を足してみじん切り長ネギ・ショウガ・ニンニクを入れて、香りが出るまで炒める。
5.また火を止めて、酒、顆粒鶏ガラスープ、塩、白コショウを入れて味を整えて、再度火にかけ、茹でた野菜類とナスを入れて炒めあわせて、水溶き片栗粉でとろみをつける。
6.さらにごま油を回し入れて、さっと炒め合わせてお皿に盛り完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月3日の
「たっぷり夏野菜の塩炒め」

おしえて!うれしぴ レシピ 「うま味たっぷり中華丼」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月8日の
「うま味たっぷり中華丼」


今日のおしえて!うれしぴは、宮崎県のペンネーム 菜々ママさんからの質問でした。
質問は、”簡単で美味しい中華丼を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「うま味たっぷり中華丼」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはうま味たっぷりに仕上げる秘訣、失敗しないとろみのつけ方がポイントのレシピを教えてくれました。
中華丼が好きな方はこのレシピ参考に作ってみてはいかがでしょうか?
具を炒めてからスープを入れる、オイスターソースを加える、片栗粉は少しずつ、これが今日のポイントです。
う〜ん、とっても美味しそう!
今日の「おしえて!うれしぴ」の中川先生の繊細な料理方法は必見です!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「天外天」総料理長の中川優先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.フライパンにサラダ油を入れて熱し、豚バラ薄切り肉を入れて約1分程度炒めて、塩・黒コショウをふる。
2.ニンジン、水煮タケノコ、チンゲンサイを入れて炒め、キャベツも加えて炒め、キャベツがしんなりしたら、キクラゲと、水煮ウズラの卵も加える。
3.鶏ガラスープを入れて3〜4分煮て、酒、しょうゆ、塩、オイスターソースを加えて1〜2分程煮る。
4.火を止め、水溶き片栗粉を少しずつ加える。
途中で火にかけて混ぜながらとろみをつけるのがポイント。
最後にごま油を回しながらかける。
5.お皿にご飯を盛り、あんをかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月8日の
「うま味たっぷり中華丼」

おしえて!うれしぴ レシピ 「おからとレンコンのお焼き」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月6日の
「おからとレンコンのお焼き」


今日のおしえて!うれしぴは、福岡県ペンネームヘルシーママさんからの質問でした。
質問は、”おからを使った炒り煮以外の新しいレパートリーを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「おからとレンコンのお焼き」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはおからのパサパサ感がなくなるコツと、焼き加減で美味しい食感になるポイントのレシピを教えてくれました。
子供も大好き!おかずになるメニューで、おからのパサパサ感を解消してます!
絶対パサパサしないと豪語していた先生のおっしゃるとおり、さすがです。
お酒のおつまみ等にも良さそうです。
今日の「おしえて!うれしぴ」の笠原先生、リアクションが楽しいですね!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「賛否両論」店主の笠原将弘先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.レンコンを使う直前にすり下ろしてボウルへ入れて、おからと、溶き卵、片栗粉、塩、砂糖を加えて混ぜ合わせる。2.ツナ缶、長ネギ、桜エビを加えて混ぜ合わせ、20等分にして団子状に丸める。
3.フライパンにごま油を入れて熱し、団子状タネを10個のせスプーンで押して、平らな円形にして、両面焦げ色をつけるように数回返しながら焼く。同様にもう10個焼く。
4.お皿にサラダ菜を敷いて、お焼きを盛り、カイワレをのせて、いり白ゴマをふり、お好みで辛子じょうゆ、マヨネーズ、トマトケチャップを添えて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月6日の
「おからとレンコンのお焼き」

おしえて!うれしぴ レシピ 「お豆のカレーミネストローネ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月28日の
「お豆のカレーミネストローネ」


今日のおしえて!うれしぴは、神奈川県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”サラダ以外の缶詰の豆の活用法を教えて!”

今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「お豆のカレーミネストローネ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、手軽な豆に水煮缶を使い短時間で出来る、カレー風味に仕上げて子供も喜ぶ味のミネストローネの作り方を教えてくれました。
体にも優しいお豆をたっぷりと使ったカレー風味のミネストローネはお子さんにも喜ばれる味に仕上がります!
たくさん作って忙しい朝に食べるのもいいかもしれませんね!
今日の「おしえて!うれしぴ」の川越先生、とってもイケメンなのに可愛いです♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「タツヤ・カワゴエ」オーナーシェフの川越達也先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.フライパンにオリーブオイルを入れて熱し、タマネギと塩を少々入れて炒め、ベーコンを加えて炒め、さらにキャベツも加えてまた塩を加え炒め合わせる。
2.カレー粉を加えて粉っぽさを飛ばすように1分程炒める。
3.ミックスビーンズ缶を入れて、さっと炒め、トマト、白ワイン、チキンブイヨンを加えて5分程煮る。
4.塩を少々加えて味見をし、パルメザンチーズを入れて、黒コショウで味を整えて、お皿に盛り、パルメザンチーズをふり、バジルの葉をのせ、オリーブオイルを回しかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年5月28日の
「お豆のカレーミネストローネ」

おしえて うれしぴ レシピ 2007/4/20

おしえて うれしぴ レシピ 2007年4月20日の
「具だくさんきんぴら」


今日は熊本県のペンネームしずかママさんからの質問に答える教えてうれしぴレシピ♪
質問は、”美味しいきんぴらの作り方を教えて!”

今日のおしえて うれしぴ レシピは、
「具だくさんきんぴら」でした。


今日のおしえて うれしぴ レシピは、ゴボウを風味豊かにするポイントや冷めても美味しいきんぴらの簡単に美味しく出来るレシピを教えてくれました。
水にさらしすぎない、ごま油で炒めることがこのレシピのポイントですね。
今日の「おしえてうれしぴ」の門脇先生、前の放送の時ジローラモさんに、人の話を聞かない人ですねってチクリと言ってましたね。(笑)
でもジローラモさんがんばってますよ。


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「かどわき」主人の門脇俊哉先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.ゴボウを千切りにして、水にさらしてあくを取り、水気を切る。
2.鍋に鶏皮を入れて約1分茹で、氷水にさらし、水気を切り細切りにする。
3.フライパンにごま油入れて熱し、鶏皮を入れて炒め、ジャガイモ、たくあん、ゴボウの順に加え炒め合わせる。
4.さらにレンコン、ニンジンを加え、酒、みりん、しょうゆを入れさっと混ぜ合わせる。
5.いり白ゴマ、七味唐辛子を加え混ぜ合わせ、お皿へ盛りつけ、いり白ゴマをふって完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえて うれしぴ レシピを見たい方は、
6月号からのESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて うれしぴ レシピ 2007年4月20日の
「具だくさんきんぴら」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。