スポンサードリンク
豆乳おからクッキーダイエットに最近興味がある主婦dellyがお伝えする、おしえて!うれしぴ レシピで簡単料理!へようこそ♪

おしえて!うれしぴ レシピ 「こんにゃくのお好み焼き風」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月20日の
「こんにゃくのお好み焼き風」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、???からの質問でした。
質問は、”???を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「こんにゃくのお好み焼き風」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、こんにゃくを子供が喜ぶお好み焼き風に、他のこんにゃく料理にも応用できるポイントのレシピを教えてくれました。
こんにゃくを美味しくするコツ、こんにゃくがお好み焼き風に変身するレシピ。
みんなびっくり?今日のお好み焼きの正体は・・・なんとこんにゃくです!
こんにゃくはしっかり下茹でをして焼き色をつけてから味を絡めていきます。
今日の「おしえて!うれしぴ」の笹岡先生、ちょっとお久しぶりかな???


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「笹岡」主人の笹岡隆次先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.こんにゃくの両面に斜め格子状に細かい切り込みを入れて熱湯で3分程度茹でて、ペーパータオルの上に取り出してしっかり水気を拭く。
2.茹でて締まったこんにゃくを包丁の背や腹でぺたぺたと叩く。
3.フライパンにサラダ油を入れて熱して、こんにゃくを入れて、両面を5分程度かけて焼き色がつくぐらいまで焼く。
4.酒を加えてアルコール分を飛ばして、しょうゆ、砂糖を加え、ひっくり返しながら5分程度かけて味をしみ込ませる。
5.ボウルに千切りキャベツ、ざく切りに三つ葉を入れてまぜてお皿に敷く。
6.こんにゃくを取り出して拍子木切りにして、野菜の上に盛り、中濃ソース・マヨネーズをかけて、みじん切り紅生姜・いり白ゴマ・青のりを順に散らして完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年9月20日の
「こんにゃくのお好み焼き風」

おしえて!うれしぴ レシピ 「和風厚揚げハンバーグ&キュウリの梅ジソ和え」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月17日の
「和風厚揚げハンバーグ&キュウリの梅ジソ和え」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、新潟県の主婦の方からの質問でした。
質問は、”厚揚げを使ったご飯に合う料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「和風厚揚げハンバーグ&キュウリの梅ジソ和え」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、ハンバーグ具材厚揚げを使い、厚揚げを使うことで美味しさアップするお手軽レシピを教えてくれました。
洗い物要らずのポリ袋が大活躍のハンバーグ、ポリ袋であっという間の和え物のレシピ。
包丁の必要がほとんどない、必見ポリ袋を使った調理法!
厚揚げと合い挽き肉のハンバーグはごま油、大根おろしとポン酢しょうゆで和風仕立てです!
今日の「おしえて!うれしぴ」の奥薗先生のずぼら料理の決定版ポリ袋を使った料理はほんと脱帽です♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「家庭料理研究家」の奥薗壽子先生のレシピです。


今日のレシピ。


【和風厚揚げハンバーグ】
1.ハンバーグのタネを作る。
厚揚げをポリ袋に入れて、手でよくつぶして、片栗粉も加えてもみながら混ぜ合わせ、さらに合い挽き肉、溶き卵、しょうゆ、塩、黒コショウを加えてもみながら混ぜて、最後に万能ネギを加えて混ぜ合わせる。
2.ポリ袋の上からタネを1cmの厚さくらいの長方形に伸ばしてキッチンバサミでポリ袋を切り、タネを小判形に形作る。
3.フライパンにごま油を入れて熱して、タネを並べて表裏4,5分程度かけて蓋をして焼く。
4.お皿に盛って、それぞれに大根おろしをのせて、ポン酢しょうゆをかけて完成♪


【キュウリの梅ジソ和え】
1.梅干しをポリ袋に入れてほぐして、キュウリを半分に折って入れて麺棒などで叩いて砕く。
2.青ジソを手でちぎって加えて、梅干しの種を取り除いたら、お皿に盛り、鰹節・しょうゆをかけて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年8月17日の
「和風厚揚げハンバーグ&キュウリの梅ジソ和え」

おしえて!うれしぴ レシピ 「モヤシとジャコのチヂミ」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月11日の
「モヤシとジャコのチヂミ」

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

今日のおしえて!うれしぴは、愛知県のペンネーム シルバーピアスさんからの質問でした。
質問は、”モヤシをたっぷりと使えるメニューを教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「モヤシとジャコのチヂミ」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはモヤシをたっぷりと使えるメニューということで、モヤシとジャコを使ったカリッと焼くのがコツのチヂミのレシピを教えてくれました。
チヂミをカリッと仕上げるコツ、簡単チヂミだれの基本と応用も学べる美味しいレシピ。
チヂミは日本でもおなじみになってきた韓国料理の人気メニューのチヂミを外はカリッと、中はモチッとした食感に仕上げます。
モヤシを焼き付けるように炒めて水分を良く飛ばすのがポイントですね♪
今日の「おしえて!うれしぴ」の井森さん、ちょっと裏返すの失敗しちゃいましたけど、ドンマイ!デス♪


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
「胡豆昆」店主の加藤敏彦先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.フライパンにごま油を入れて熱し、モヤシとちりめんじゃこを入れて焼き付けるように押さえながら3分程度炒める。
2.ボウルに卵を割り入れて、よく混ぜて、しょうゆ・顆粒鶏ガラスープ、水、薄力粉を加えて混ぜ合わせ、様子を見ながら水を少々足して混ぜる。
3.さらに炒めたモヤシとちりめんじゃこと、万能ネギを加えて混ぜる。
4.再度フライパンに多めのごま油を入れて熱し、混ぜたタネを入れて薄く丸く広げて、片面に焦げ目がつくくらいになるまで3,4分焼き、ひっくり返して両面を焼く。
5.別のボウルにしょうゆ、酢、すり白ゴマ、豆板醤、ニンニクを入れて混ぜ合わせる。
6.焼き上がったチヂミを食べやすい大きさに切ってお皿に盛って、上の特製ダレを添えて完成♪


↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪

↓応援していただけると頑張れます♪
料理ブログランキング

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年7月11日の
「モヤシとジャコのチヂミ」

おしえて!うれしぴ レシピ 「ツナコーンのふっくらお好み焼き」

おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月29日の
「ツナコーンのふっくらお好み焼き」


今日のおしえて!うれしぴは、東京都の27歳男性の方からからの質問でした。
質問は、”コンビニで買える食材を使った料理を教えて!”


今日のおしえて!うれしぴ レシピは、
「ツナコーンのふっくらお好み焼き」でした。


今日のおしえて!うれしぴ レシピはアノお菓子で風味がアップして、外はこんがり、中はふっくらする方法のレシピを教えてくれました。
お好み焼きの崩れない返し方などのテクニック、フライパンで広島風にする方法で美味しいレシピ。
コンビニでそろえることが出来る食材を使った、中はふっくら外はこんがりとした食感のお好み焼き。
ツナやコーンが入ったおやつ感覚でサクッと作ってパクッと食べましょう!
今日の「おしえて!うれしぴ」のケンタロウ先生、いつもユニークで、楽しいですね!


おしえて うれしぴ レシピ講師は、
料理家のケンタロウ先生のレシピです。


今日のレシピ。


1.卵を計量カップへ割り入れ、水を加えてボウルへ移し入れて溶いて混ぜ、薄力粉、しょうゆを加える。
2.そこへツナ缶、コーン缶、千切りにしたキャベツを加えて混ぜ、さらに溶けないスライスチーズと市販のイカフライを手でちぎって加えて混ぜ合わせてタネを作る。
3.フライパンにサラダ油を入れて熱し、上のタネを入れて、蓋をして4,5分蒸し焼きにして、ひっくり返して再度サラダ油を流し入れて3,4分焼き、一度取り出す。
4.フライパンに卵を割り入れてくずして、広島風に、取り出しておいたお好み焼きをのせ約1分焼く。
5.それをひっくり返してお皿へ盛って切り分けて、市販のお好み焼きソース、マヨネーズ、花がつお、青のりををかけて完成♪

↓分量など詳細レシピメモはこちらに。
おしえて!うれしぴ レシピです。


この詳しいおしえてうれしぴ レシピを見たい方は、
雑誌ESSEを見てくださいね。

こちらからESSE年間購読もできますよ♪


おしえて!うれしぴ レシピ 2007年6月29日の
「ツナコーンのふっくらお好み焼き」

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。